わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年上半期おいしかったもの

もうすぐ9月だってのに・・・上半期以上すぎてるじゃん!
というツッコミはさておき。

先日、牛タンをご紹介しましたが、
それ以外にも、「おいしかったな~」というものがあったので、
ここで一挙放出してみましょう。

jidori.jpg

東京ミッドタウンの近くにある「鶏あえず」。
友人に連れていってもらいましたが、
宮崎地鳥のもも焼きが絶品で驚いたのなんの。

やわらかくてジューシーという
ありきたりな表現しかできない自分が憎い、、、
(そして写真がイマイチなのにも泣ける・・・)

他のメニューもおいしかったけど、
もも焼きが、いちばんインパクトあったなあ。

この間、ミッドタウンのガーデンシアターへ行きましたが、
雨天中止なんで、そんときはココに行こうと思ってたw

あ~、また食べに行きたいっ。

詳しい場所&クーポンはこちら。

そしてお次は、もつ鍋。

続きを読む »

牛たん好きにはたまらない。仙台牛タン「利久」をお取り寄せ

仙台牛タンで「利久」といえば、牛タン好きなら知らない人はいない。
1度は食べてみたい有名店。
肉厚な牛タンが、そりゃもう、おいしいんですよ。

仙台駅の牛たん横丁にも支店があるのですが、
「利久」は、いつも行列ができてました。

行列ができてないお店にも入ってみたのですが、
やっぱ、いまいちでしたね~

とはいえ、いくら牛タン好きとはいえ、
そうそう仙台まで行ってるわけにもいきません。

でも、そんな牛タン好きな私に嬉しい発見が!
この「利久」の牛たん。
なんとお取り寄せもできるようになってました。
ああっ!もっと早く知っていたかったよ!

gyutan.jpg
魅惑の牛たん。この肉厚でジューシーな牛タンを食べたら
、焼き肉屋の薄い牛タンが物足りなく感じられちゃいます・・・・


レモンを絞った汁につけて食べれば・・・・
くーっ!たまらん! 想像しただけでヨダレが~

利久の通販では、専用の焼き網も販売してるのですが、
これで焼くと、余分な油分が、うまーく落ちてくれます。
網の下の白い部分が、落ちた油を、うまい具合にすってくれて、
油で火がぼっとなることを防いでくれてるみだいですねー

お値段も、そんなに高くないので、
この肉厚の牛たんを満喫するなら、一緒に購入したほうがいいと思います。
焼き肉用のプレートやフライパンで焼くより、ずっとおいしいですよ!

牛タン好きな私は、リピートも想定していたので、
当然、焼き網も一緒に購入しました♪

牛タンは真空パックで冷凍の状態でやってきますが、
流水で解凍すれば、すぐに食べれます。

解凍前は、「なんだか薄い・・」と思うのですが、
解凍すれば、厚みが出てきますのでご心配なく。
4枚入りでも、かなり食べごたえありますよ。

利久の牛たん 真空パック(4枚入り 120g)
牛たん用焼網は、こちら


● 仙台のその他の牛たん店

続きを読む »

ゴハンをおいしく炊くには

”水が大事”という
当然のことを、いまさらながら実感してしまった。

私が住んでる地域は、工場地帯が近いせいか
水道の水が、明らかに”ヤバイだろ”ってくらい美味しくないので
(他県から引っ越してきたとき驚いたくらい)
さすがに飲み水は、買ってきたのを使ってたのだけど

ゴハンを炊いたり、料理に使う水は
”まあ、直接飲むわけじゃないし・・・ま、いいか~”
と水道水を使っていた。

が!
新しい家に引っ越したのをきっかけに
1週間くらい前から、なんとなく炊飯のときに
買った水を使ってみたら・・・

なんだ、こりゃー!!

というくらい、おいしかった。
ホント、何これ?ぜんっぜん、違うやん!
水が違うだけで、こんなに違うものとは・・・・

こうねえ、お米の瑞瑞しさが違うんですよ。
なんかふっくらしてるし、テカリもいい。

自分の水への認識が甘い、甘すぎた、
と愕然としましたです。。。

今まで、水は夏しか買ってなかったのですが
今後はお米も、ちゃんとした水で炊こう、
そして汁ものも・・・と思ってるので、
今年からは冬も、ちゃんと水を買おうと思います。

▽私が愛用している”うまい水”。ペットボトルが出ないのも便利。

もう定価では買えない。

ootoro.jpg

これは何の写真かと言うと
”閉店間際のデパ地下へ行ったら、大トロが半値だったよ。”
という写真です。

仕事帰りの19時半くらいにデパ地下の鮮魚売り場へ行ってみると
魚の投売りがされていて、大勢の人が群がってました。

ポイントは、一度値引きされた形跡があり、その後
さらに大幅割引されている点ですね。
定価1874円が、945円ですよ!

なるほど。ウワサには聞いていましたが・・・・
人々が閉店間際のデパ地下を狙うわけです。

この大きさで945円とは、それでもちょっと高いなと思うのですが
元根が2000円近くであったことを思うと、なんだか安い気がして
ついつい買ってしまいました。

もちろん、大トロなんて買うのは初めて。

半値の大トロは、とてもおいしくて、お口の中でとろけました~~

それにしても、この値段を知ってしまうと
とても定価で買う気にはなれませんね。
まあ、もともと、デパ地下の刺身は高いので、
ほとんど買ったことはなかったのですが・・・まして大トロなんて。。

でも、ちょっと味をしめてしまいました。
ときどき、閉店間際のデパ地下へ半値のブツを
買いに行ってしまいそうです。

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。