わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazonマーケットプレイスで売りにくいものはヤフオクで売ろう!

不用品を売ってお金にかえる”特集第4弾。

本やCDは、amazonマーケットプレイスで売れるものは売ってしまうとして、マーケットプレイスで売りづらいものは、Yahoo!オークション(ヤフオク)への出品を考えてみましょう。ヤフオクなら、本やCD以外のものも出品できますので、守備範囲は広くなりますヨ。

わたしがヤフオクに出すものとしては、

・漫画や雑誌などをまとめて
・厚さや大きさの点で、メール便が使えない書籍 (画集など)
・マニアックすぎたり、古すぎて、amazonでは売れずらい本。(古い本やマニアックな本は、amazonでの説明が、あまりされていない。)
・株主優待券

過去に、DVDレコーダーが壊れたHDDレコーダー(スゴ録)やMDプレイヤー(15年以上前のもの)なんかも売れました。(スゴ録は4千円、MDプレイヤーは3千円。こんなのも売れるもんなんだなーとビックリした。)

服を売る人も多いと思うのですが、私の場合、高い服をほとんど買わないので、古着でも、それなりの値段になるものが、そもそも手元にないんですヨ・・・^^;。

ヤフオクに出品するかどうかの判断については、まずオークファンで、過去の落札価格を調べます。

オークファン

これで、出品の労力と見合うだけの価格で売れそうだなという目星がついたら出品。(過去に落札された例がないものの場合は、試しに出品してみることもあります。)

ヤフオクの出品方法については、いろんなサイトに詳しく出てますので、それを参考にしていただくとよろしいかと。

ヤフオク出品用のテンプレート(これも検索するとイロイロ出てきます)を使うと、商品説明も分かりやすく、必要事項の漏れなく書けるのでおススメ。

商品説明は、オークファンですでに出品済みのものがあれば、それを参考に書くこともできます。

また、価格の設定の際も、オークファンで調べた過去の落札価格は参考になりますよ。(高い値段がついてるものを見て、価格設定や商品説明、出品カテゴリなんかを参考にします。)

家具とかの大きなものも、らくらく家財宅急便を利用すると、梱包いらずで発送できますので、家の中の不用品は、なんでも出品できると思います。

でもヤフオクは、マーケットプレイスに比べると、出品や落札者とのやりとりに手間がかかるので、売りたい不用品がたくさんある場合には、正直やってられません・・・・

なので、前回の引っ越し前、たくさん不用品が出たときは、ヤフオク代行を使いました。

そのとき使ったヤフオク代行は、なかなかよかったのですが、あれから3年以上たってるので、今回またヤフオク代行をお願いしてみて、どんな感じか確認してから、また記事を書きたいと思ってます。

Yahoo!オークション(ヤフオク)

ヤフー・オークション公式ガイド 2010
ヤフー・オークション公式ガイド 2010
袖山 満一子

関連商品
できる100ワザ 儲かる!ヤフオク&モバオク
もし、46歳でまさかの収入ダウンになっても手堅く稼げるお金儲けの本
ヤフオクで<得する>コレだけ!技 BEST100
by G-Tools

実際に、amazonマーケットプレイスに出品してみよう!

”不用品を売ってお金にかえる”特集の第3弾。
(前回から、1カ月以上空いてしまいましたが、まだ続いてますよ~)

前記事で詳しく書いたように、たとえば「800円以上で出品できるなら、出品する」などの基準を、あらかじめ決めておくのが、私のやり方です。

労力に見合うと思える価格に設定しておかないと、だんだん空しくなっちゃうので、こんなやり方をしております・・・^^;

◆ 実際に出品してみよう!

出品することに決めたら、実際の出品作業へ移ります。

出品作業については、こちらのサイトの記事が、画像入り説明で分かりやすかったので、参考にどうぞ♪ ↓

・アマゾンマーケットプレイスの出品方法 ーせどり内職

この記事では、商品検索にISBN番号を使っていますが、ふつうに本のタイトルを入力しても、まったく問題ありません。(というか、そのほうが簡単!)

marketplace0610-1
最初は、商品の状態の説明の入力などに悩んでしまうかもしれませんが、慣れてくれば、自分なりのフォーマットが決まってくるので、さくさくと出品できるようになりますヨ。

続きを読む »

amazonマーケットプレイスで本やCDを効率よく売るには、出品価格の基準を決めておく

不用品を売ってお金にかえる”特集のつづきです。(←勝手に特集化。)

わたしも、定番どころのamazonマーケットプレイスYahoo!オークション(ヤフオク)を使っておりますが、基準以下の値段で売れなさそうなら、出品はあきらめるようにしています。

たとえばamazonマーケットプレイスなら7-800円以上、
ヤフオクなら3千円以上とか。
(もちろん余裕がないときは、もっとシビア)

ヤフオクのほうがハードルが高いのは、出品や落札後の手間が、amazonマーケットプレイスよりも面倒くさいから。

労力に見合わないと思う値段で、あえて出品はしてません。

↓マーケットプレイスやヤフオクへの出品の流れ
不用品を売って、引っ越し費用の半分をまかなった。

amazonマーケットプレイスのほうが、出品の手順や売れた後の作業が、ヤフオクに比べて圧倒的にラク。

なので、できればマーケットプレイスだけに出品したいくらいなのですが、ここに本やCD以外のものを出すのは、現実的ではないんですよね~

でも本やCDは、マーケットプレイスのほうが、ヤフオクよりも高い値段で売れることも多いですし、もちろんブックオフに出すのに比べたら雲泥の差。

コレを利用しない手はありませ~ん。

amazonマーケットプレイス出品で、実際にどんな商品がいくらで売れる?

続きを読む »

amazonマーケットプレイス出品で、実際にどんな商品がいくらで売れる?

最近再び、不用品を売っては、せこせこと旅行代金をためている私ですが、
本やCDを売るためには、主にamazonのマーケットプレイスを活用してます。

ブックオフに送ると10円20円になってしまうような本でも、
数百円~1000円前後で売れたりするので、
塵もつもれば、けっこーバカにならないのよ~ん。

今回は実際に、どういった本やCDが、どんな値段で売れてるのかを紹介してみますね。

続きを読む »

不用品を売って、引っ越し費用の半分をまかなった。

「捨てるには忍びない・・・でも、今後使いそうもない。」
そういうものって、家の中に必ずありますよね。

だけど、それを「勿体ないから。」と取っておくと、どんどん部屋の中が魔窟になっていく、、、

なので私の場合、自分にとっては必要ないけど、誰か欲しい人がいそうなものは、「あげる」もしくは「売る」ことにしています。(でも、”上手にあげる”ってのが、私には、なかなか難しくて・・・・修行がたりん^^;)

不用品を売るには、”Yahoo!オークション(ヤフオク)”が基本。(いろんなものを出品できますからね~。)
でも、本やCDを売るには、amazonマーケットプレイス、ヤフオク、ブックオフを使いわけしてます。
→参考記事:「罪悪感よ、さようなら。不用品をお金に変える。

この中では、ブックオフが、いちばん手間はかかりません。送料無料で売りたい本も送れるしラクチン。
で、でも!買い取り価格が安いんですよね~。それこそ二束三文でしか売れないことは覚悟しないといけません・・・

「多少の手間はかかっても、それなりに納得できる価格で売りたいなー」という場合は、マーケットプレイスかヤフオクを利用してみるのも、ひとつの方法。ちょっとしたお小遣い稼ぎくらいにはなります。

もちろん手順に慣れるまでは、それなりにエネルギーがいるんですが・・・。
でも、作業の流れをつかんで慣れてしまえば、意外と簡単!

かくいう私は、3年前、引っ越しを機に、一念発起して家中の大整理をしたとき、不用品を売って、引っ越し代(敷・礼金含む)の半分を捻出したくらいなので、塵もつもるとバカにはなりませ~ん。

3年前に比べると、マーケットプレイスもヤフオクも、出品者と購入者のやりとりの煩雑さが少なくなり(個人情報保護の点でも効果あり)、利便性がUPしているので、一連の作業の流れに慣れてしまえば、それほど負担も感じなくなってきます。(特にマーケットプレイスは、出品が簡単なのでいいですよ。)

不用品を売ることに興味がある方の参考になればと思うので、どんな風に出品しているのか、わたしのやり方を、簡単に紹介してみたいと思います。

続きを読む »

HOME このページの一番上へ 次のページへ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。