わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

| | 古い記事一覧へ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本有数の桜の名所、弘前城で桜を満喫♪

GWに青森へ行きましたら、弘前公園の桜が見ごろとなっておりました。

DSC04916

今年は桜の開花が遅れていたので、無理かな~と思っていたら、
GW開始とともに、季節はずれの夏のような暑さとなったため、
一気に開花が進んだようです。

いや~、ラッキーでした♪

続きを読む »

一生お金に困らない!?金運神社へ行ってきました

先日、中国株仲間の皆さんと金運ツアーへ参加してきました。

今回の金運ツアーは、6月に私が伊豆で行ってきた、
商魂たくましい”なんちゃって”金運スポットとは、まったく格が違いますよ。

そのスジでは知らない人はいないっちゅうくらい有名。
”富士吉田 金運神社”で検索すると、バカスカ出てきます。
Googleでの検索結果

まあ、一言でいえば、いま流行りの”パワースポット”みたいなんですが、
なんでも、ここに詣でると一生お金に困らない、とか。

パワースポットかどうか、真偽のほどはともかくとして、
一生お金に困らないなんて、
”こりゃあ、行ってみたい!”と思うじゃあないですか。

okumiya

金運神社は通称で、ほんとの名前は新屋山神社。
2合目にある奥宮へ詣でるのが推奨されてるようですが、
本宮のほうへも詣でると、さらにご利益UPという噂もあり。

さらには、願いが叶っていても叶わなくても、
お礼参りをすると、神様が”あ、やべ。まだ叶えてないや。”
と思って、願いを叶えてくれるという話もある。

でも、これは”感謝をする”っていうことが大切なのかもね~
と犬飼ターボさんの記事を読んで思いました。

金運神社   -犬飼ターボのハピサク道

いかん・・・・私ってば、思いっきり願いごとばっかしてきちゃったよ、、、

俗人は、私みたいに願いごとばっかしちゃうから、
お礼参りが必要なのかも?

続きを読む »

小樽でガラス工房めぐりしてみたい [夢]

ちょっと所用のため、札幌へ行ってきました。

この週末は東京も涼しかったようですが、
札幌なんて、秋の気配を通り越して、冬の気配・・・・
もいわ山の山頂では寒すぎて死ぬかと思いました、、、

でも最終日は、青い空が広がる良いお天気!
飛行機まで時間があったので、小樽まで足を伸ばしてみることに。

otaru1.jpg

小樽は、明治時代のこ洒落た建物も、たくさん残ってて
横浜や神戸と似た雰囲気があります。
小樽には運河があるので、それが大きな違いかな。

古い倉庫や建物の外観は保存して、
中はおしゃれなお店になっているところも多いです。

otaru2.jpg
運河沿いの倉庫街にあるビアレストラン。小樽地ビールを楽しむことができます。

お昼は、ここで小樽地ビールと料理(これもおいしそうだった)を楽しむというプランにも、一同かなり心惹かれてましたが、それをやると酔っ払いになってしまい、帰りがおぼつかなくなる可能性大なので、ここは心を鬼にして通り過ぎることに・・・・・


な~んてことできるわけもなく、
レストランの外で販売している生ビールを買って、
散策しながら飲むことにしました♪

otaru3.jpg
1杯500円。レストランに入らなくても、これなら気楽に地ビールを味わえますね。

小樽地ビールは、味わい深くておいしかった~
お土産に買って帰った瓶ビールも、生に遜色ないくらいおいしかったです。

otaru4.jpgotaru5.jpg
北一硝子の3号館。カントリー、和風、洋風と分かれていて、いちばん規模の大きい店。ここがメインのお店なので、まずはココから。

小樽といえば、小樽ガラス。小樽ガラスといえば、北一硝子。
扱う硝子製品の種類によって、お店も分かれていて、全部回るには時間が足りなかったほど。

手が出ないお値段のものも多かったですが、見てるだけでも目の保養になりました。

3号館やクリスタル館で、いろんな製品を見てまわって分かったのですが、
ガラス工芸なら、なんでも好きってわけでもないんですね、私。
なんとなく自分の好みが分かってきて、面白かったw

月見うさぎをモチーフにした切り子が、すごく素敵だったんけど、
お値段が高くて(ひとつ3000円くらいする)、
ちょっと買う決断がつかなかったですね~

他にも気になるものはあったんですが、
まあ、荷物にもなるし、きっとネットでも買えるかなと思って、
買わずに帰ってきたのですが、実は北一硝子では通販をやってない
という驚愕の事実を、帰宅後に知り、ちょっとショック。。。

北一硝子は、一期一会なもののようです・・・・

#北一硝子では通販やってませんが、他の小樽ガラスはネットで買えるものもあります。  ⇒ネットで買える小樽ガラス

小樽には、北一硝子以外にも、
硝子工芸のお店や工房が、たくさんあるので、
今度は、じっくり硝子工房めぐりをしてみたいな~

硝子以外にも、いろいろとアートなお店もあって、
小樽は芸術の街としても楽しいです♪

昼はひとりでのんびり工房めぐり、夜は一緒に食事を楽しむ、
みたいなスタイルで旅をしてくれる同行者がいるとベスト。
小樽は、食べ物もおいしいですからねー
ひとり旅だと、なかなかお店に入りづらい。。。

otaru8.jpg
旧手宮線の線路の一部が保存されてます。小樽駅から運河のほうへ向かう途中で、いきなり、こんな風情ある線路が出現するので、ちょっとビックリします。

小樽に行ったことで、
私って、硝子の質感や色感が好きだったんだな~
ということを思い出しました。

全国各地に、いろんなガラスの名所があるので、
そういう場所をめぐる旅も楽しいかもしれない。

来年の夏は、風鈴を買いに行く旅をしよう。

まずは近場で、墨田区ガラス市すみだ江戸切り子館
なんかが行きやすいかな。
体験学習、どなたか一緒にやりましょう~

ガラスを買いに行く (コロナ・ブックス)
ガラスを買いに行く (コロナ・ブックス)
太陽編集部

和ガラスに抱かれて―坂崎幸之助のガラス・コレクション
日本のガラス―その見方、楽しみ方
産地別 すぐわかるガラスの見わけ方

by G-Tools


↓この人の作品も気になってたんだっけ・・・

水と空のあいだ
イイノ ナホ
4897375568

伊豆・蛍の旅をイメージで表現してみる。

6月にまるさんと訪れた、伊豆・天城。
蛍を見にいく旅だったんだけど、なかなかの風情だった。

そんな”天城 蛍の旅”のイメージを、
まるさんがイラストで表現してくれました!

yunosima.jpg


イラストは白黒だけど、色のイメージとしては、
雨にぬれた新緑の濃い緑かな。

泊まった旅館が、文化財指定されてるくらい由緒ある建物で、
ちょっとひなびた雰囲気がいい感じだった。
(→旅館の感想はこちらの記事へ

ずっと雨だったけど、それはそれで、しっとりとした景色が
いい風情を醸し出してました。

夜に見た蛍も、素敵で忘れられない思い出。

翌日、土砂ぶりの中で巡った「なんちゃって開運ツアー」も楽しかったしね。

次回予定は、2009年秋か2010年春ころか?
次は、どこ行く?まるさん。

悩みにおさらば&金運UP!? 西伊豆・開運スポット・・というにはビミョーなツアー

蛍を見に伊豆の天城へ1泊温泉旅行の二日目。

大雨警報が出ちゃうほどの豪雨の中、
本来なら動くに動けず、早々に解散となるはずでしたが、
さっそうと登場した引率の先生「沢さん」の活躍により、
西伊豆方面へ繰り出すことが可能に!やったー!
(しつこいようですが、沢さん、ホントにありがとうございました。)

● 悩みにおさらば「達磨寺」

”皿に悩みを書いて、石に投げつけて割ると、悩みとおさらばできる”
西伊豆の穴場スポットとして、るるぶ伊豆 に紹介してあったので、
ひやかし半分で覗いてみることに。

まずは300円でお皿を購入、備え付けの色えんぴつで悩みごとを書く。

daruma1.jpg
お皿にはいくつ悩みを書いてもいい。ここに書ききれないくらいの悩みがあったら、やはりもう1枚購入することになるのだろうか?

しかし、ここで係の人から思わぬひと言が。
忘れたいことを書いてください。

わ、忘れたいこと!?悩みじゃなくて?

どうやら”悩み”ではなく、”忘れたいこと””なかったことにしたいこと”
とおさらばするというのが、正しい趣旨のようだ。
ガイドブックには、正しく記載していただきたい。。

とはいえ、”忘れたいこと”といきなり言われても、早々思いつくものでもない。

思わず、”老後の不安とか!?”と口走ってしまい、係の人の失笑を買う。
”昔の彼氏とか・・”と一例をあげてくれたが、そんなのあまりにも昔すぎて、
別に皿の力を借りずとも、とうに忘却の彼方だって、、、

とりあえず、”悩みごとだって、忘れさりたいことにはかわりはないよな。”
と拡大解釈し、”体力がないこと。”・・・などなど書いてみることに。

そんなこんな書きながら、ふと気づくと、
まるさんも沢さんも、少し離れたところで、こそこそ書いている。
どうやら、書いてる内容を知られたくないらしい。

なんだかんだ言って、いつの間にやら、みんな、けっこうマジだ(笑)

最後に私も、「過去の失敗・いやなこと」と大ざっぱなことを書いて
最大限の効果を引き出そうとしているあたりが、姑息というか大人げない。

さて、この皿をどこで割るのかな~?と思って、係の人の指さすほうを見ると・・・・

続きを読む »

HOME このページの一番上へ 次のページへ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。