わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みにおさらば&金運UP!? 西伊豆・開運スポット・・というにはビミョーなツアー

蛍を見に伊豆の天城へ1泊温泉旅行の二日目。

大雨警報が出ちゃうほどの豪雨の中、
本来なら動くに動けず、早々に解散となるはずでしたが、
さっそうと登場した引率の先生「沢さん」の活躍により、
西伊豆方面へ繰り出すことが可能に!やったー!
(しつこいようですが、沢さん、ホントにありがとうございました。)

● 悩みにおさらば「達磨寺」

”皿に悩みを書いて、石に投げつけて割ると、悩みとおさらばできる”
西伊豆の穴場スポットとして、るるぶ伊豆 に紹介してあったので、
ひやかし半分で覗いてみることに。

まずは300円でお皿を購入、備え付けの色えんぴつで悩みごとを書く。

daruma1.jpg
お皿にはいくつ悩みを書いてもいい。ここに書ききれないくらいの悩みがあったら、やはりもう1枚購入することになるのだろうか?

しかし、ここで係の人から思わぬひと言が。
忘れたいことを書いてください。

わ、忘れたいこと!?悩みじゃなくて?

どうやら”悩み”ではなく、”忘れたいこと””なかったことにしたいこと”
とおさらばするというのが、正しい趣旨のようだ。
ガイドブックには、正しく記載していただきたい。。

とはいえ、”忘れたいこと”といきなり言われても、早々思いつくものでもない。

思わず、”老後の不安とか!?”と口走ってしまい、係の人の失笑を買う。
”昔の彼氏とか・・”と一例をあげてくれたが、そんなのあまりにも昔すぎて、
別に皿の力を借りずとも、とうに忘却の彼方だって、、、

とりあえず、”悩みごとだって、忘れさりたいことにはかわりはないよな。”
と拡大解釈し、”体力がないこと。”・・・などなど書いてみることに。

そんなこんな書きながら、ふと気づくと、
まるさんも沢さんも、少し離れたところで、こそこそ書いている。
どうやら、書いてる内容を知られたくないらしい。

なんだかんだ言って、いつの間にやら、みんな、けっこうマジだ(笑)

最後に私も、「過去の失敗・いやなこと」と大ざっぱなことを書いて
最大限の効果を引き出そうとしているあたりが、姑息というか大人げない。

さて、この皿をどこで割るのかな~?と思って、係の人の指さすほうを見ると・・・・

続きを読む »

デジカメが悪いんじゃない。

撮る人の腕の問題だった、という話。

レビューブログを書く人が増えてきたこともあって、
ブログに写真を載せる人が多いのだけど、
みなさん、とってもうまいんですよねー

人気ブロガーの人たちは、やはりと言うべきか、特にウマい。

んで、一眼レフを持ってる人も増えてきたんで、
”もしや、これはカメラの性能も関係あるのか?”
なんて思っていた。

いや、もちろん自分の腕が関係あることも分かってましたよ。
分かってましたけど、きっとデジカメのせいもあるよね、
と心のどっかで思ってました。

でも、それは完全な責任転嫁だったという証拠。↓

続きを読む »

雨だってへこたれない。伊豆へ蛍鑑賞の旅

週末、かねてからの計画どおり、
まるさんと一緒に、伊豆・天城へ蛍を見に行ってきました。

実は私、蛍を見たことがなかったので、1度見たいと思ってたんですよ。

で、今回は、1年半ぶりに、まるさんにお付き合いいただくことに。
前回は箱根だったですが、今回は伊豆。

蛍鑑賞の場として、今回選んだのは天城ほたる祭り
伊豆では、ここ以外にも、西伊豆方面などにも蛍鑑賞スポットがありますが、
だいたい6月中旬くらいまでなんですよね。

伊豆で、6月下旬まで蛍祭りをやっているのが、
ネットで調べた限りではここだけだったという消極的な理由ですが、
伊豆の中では、いちばんメジャーな蛍スポットのようです。

それにしても天気が悪い・・・・

hotaru2.jpg


山のあちこちから、煙が立ち上っているかのような
けぶった景色は、風情という点では申し分ないのですが、
果たして、こんな雨模様でも蛍は見れるのでしょうか・・・

続きを読む »

ひとみしりでなければ、根堀り葉堀り聞かれても平気?

ひとみしり道にもあるように、
人見知りさんにとって、美容院は鬼門だ。

私なんて、あんなオシャレな場所に行くだけでも、
自分が場違いな気がして、オドオドしてしまうというのに、
さらに、かっこいいお姉さんやお兄さんと
いろいろお話せねばならないということで、
かなり気力が必要とされる場所。

なので、
体調がよくて、気力も充実してるときじゃないと行けない。

しかも最近は、美容院に行く2回に1回は、
新しい場所を開拓するという試練を自ら課しているので、
2回に1回は、完璧に見知らぬ人との会話を強いられる。
(↑なんの修行だ・・・・)

ま、それは私の個人的な事情だからいいとして、
最近、気になるのは、
美容師さんが色々と個人的なことを質問してくること。

”この間の連休は、どっか行きました~?”とかいうのはいいとしても、
”どこに住んでるの?”、”どのくらい住んでるの?”
”前は、どこに住んでたの?”から始まり、
”お仕事はなんですか?””どこにお勤めですか?”などなど・・・

こっちとしては、
”なんで初対面のあなたに、そこまで教えなくちゃならんのでしょうか?”
という気持ちになっちゃうのですよね。

もちろん、別に向こうは、私に興味があるわけではなく、
会話の糸口として何の気なしに聞いてるのは分かるんだけど、
周りには、お客さんもいて、会話は丸聞こえだし・・・・
いや、もちろん自分たちの会話なんて、誰も聞いてないよ、
とは思うんですが・・・・

はっはっは。自意識過剰?

うーん、こんなことが気になるって、私だけなのかなあ・・・・


もちろん、美容師さんも、こちらの返事のノリが悪いことを感じ取って、
すぐに当たり障りのない世間話に切り替えてくれる人もいるんですが、
まったくお構いなしに、こちらのプライバシーに切り込んでくる人もいる。

そんな美容師さんへの対策。

最近は、そんな美容師さんには、
こっちから、美容師さんのことを、色々質問する作戦を覚えた。

個人的な質問好きな人は、自分のことを質問されても苦にならないはず。
もしイヤだったとしても、お客さんの気持ちが分かるようになるであろう

・・・と、こう書くと、誠にイヤな客だ(笑)。

こんなことが気になるのは、
私が人見知りだからなのか、自意識過剰だからなのか?
(それとも両方か?)

とりあえず、社交的な人はどう思ってるのか?
そこが気になる。

人見知りさん、ロハスな生活したい人、トルコに興味ある人、必読?

思わず、本屋で衝動買いしてしまった。

4840123268ひとみしり道
べつやくれい



傑作というレベルではないけど、
ひとみしりを自認する人なら、間違いなく楽しめる。

”友達100人できるかな”って、意味が分かりません
-ひとみしり道より

↑激しく共感ですね~(笑)

私が子供のときは、インターネットがなかったので、
学校という限られた世界の中で過ごしてわけで。

中学・高校のときなんて、1学年が150人の小規模な学校だったので、
ともだち100人っていったら、学年の3分の2と友だちってことですからね。
ありえないっつーの。

あと、自分が思う”ひとみしり道”としては、
コンサートとかで、客席から大きな声をかけられる人は、
きっと人見知りではない

と思うわけですよ。

羨ましいなって思う反面、
ぜったい自分にはムリっていう代表的1例なのですが、
声をかけられる皆さん、どうですか?人見知りですか?

そして、ついでながら、最近読んだコミックエッセイのおススメ。

photo
とりぱん 5
とりの なん子
おすすめ平均 star
star子育て支援キャンペーンにつきえさ台も限定復活
star野生のものの目をのぞきこんではいけない

とりぱん 4 (4) (ワイドKCモーニング) とりぱん 3 とりぱん 1 (1) とりぱん2

by G-Tools , 2008/06/19



東北地方での作者の生活を綴ったマンガ。
野鳥と野菜、自然に囲まれた生活は、ロハスそのものはずだが、
なぜか笑えるネタばかり。

メインは、ちょっと笑っちゃうようなおかしい話なんだけど、
最後の1Pだけは、一転、まじめなトーンで綴られるのが特徴。

そして、この最後の1Pが、ものすごくいい。

絶妙な絵と言葉で、季節感の微妙な機微を表現していて、見事というしかない。

読んでいて、胸の奥がきゅーんとなるような、
なんともいえない気持ちになることが、しばしばある。

作者の感性と眼力に脱帽の作品。



トルコで私も考えた 21世紀編

トルコと日本の文化の違いが、トルコ人と日本人夫婦の生活から浮かび上がる。

1冊の情報量が、予想以上に多くて、読み応えは十分!

もうずいぶん前に、1巻を読んだことがあって、
そのときも面白いと思ったけど、今回の21世紀編は、さらに面白く感じた。

以前よりも、トルコや異文化に興味が出てきたからかもしれないけど、
1-4巻も、ぜひ読んでみたい。

・・・とこんな感じで、風邪で体調がすぐれない間は、
何もする気がおきなくて、マンガばっかり読んでました。^^;

うーん。
”1回休み”って銘打ってるけど、こんなんでいいのか・・・(笑)?

花粉症の人の気持ち

”1回休み”宣言をした途端、気が緩んだのか、
”バカしかひかない”という夏風邪にやられてしまった・・・

先週末あたりから、ようやく本調子になってきたけど、
今回は後半、鼻水がスゴクてスゴクて、そりゃまあ驚いた。

とにかく、かんでもかんでも、出てくるわ出てくるわ。
一体、どっから、こんなに鼻水が湧いてくるのか。

”自分の頭蓋骨の中が、鼻水でいっぱいになってるんじゃないのか!?”
と思うくらい、際限なく出た。

頭ももうろうとして、いつも以上に働かない状態だったので、
ひょっとしたら、頭蓋骨の中はホントに鼻水で一杯だったのかもしれない。

それにしても、今回の風邪で、
花粉症の人の苦労が、ちょっと分かった気がします。

”花粉の時期は、生産効率が落ちて困る。””仕事にならない。”
花粉症の人たちが、そうボヤいているのを聞くと、
”ふーん。そんなもんかねー”なんて思ってたんだけど・・

確かに、こりゃつらいわ。。。

今回、鼻水がバンバン出て、頭がもうろうとする状態になってみて、
そのつらい状態の想像がついたと同時に、

この頭のボーっとした状態が、延々と1ヶ月以上も続くのか?

と思うと、これはもう同情を禁じえない。

しかも日本人の4人に1人が、程度の差はあれ、
そんな状態で1~2ヶ月を過ごすなんて、あり得ない話だろう。

国は一刻も早く、杉の木の撤去、
もしくは、花粉が飛ばない杉への植え替えを進めるべきではないのか?
(↑あまりに辛かったので、やや錯乱しています。)


花粉症の皆さんは、この現状をどう思っているのだろう?

1回休み。しばらく試行錯誤で過ごします。

中国の四川大地震以来、
私の中で、何かがちょっとおかしくてねえ・・・

なんつうんですか、人生の中で、ふっと立ち止まって
うっかり、いろんなことを考えちゃった・・・みたいな。

ま、四川大地震は、ひとつのきっかけで、
4月に入ってから、なんか違うな・・・っていう感じがあった。
けど、止まるのも怖くて、気づかないフリしてただけ。

---------

私のことを昔から知ってるひとは、”またかよ。”と思うかもしれませんが、

どうも私、昔から、がむしゃらに走り続けられなくて、
途中息切れがしてきて、立ち止まっちゃう癖がありまして。

コレが、すべて中途半端に終わっちゃう最大の要因で
私の弱点だってことは分かってるんですが。。。

1度立ち止まると、自分の中で納得できるMAPが描けないと
また走り始めることができない。

さらに、いつもリセットしてMAPを描き始めちゃうので
いろんなことが中途半端。

このサガのせいで、
なにか”これ!!”ということを成し遂げることがない、
半端人生を送ることになってる気がします。(;´Д`)トホホ

ま、とりあえず。

そういうわけなので、サイト運営も含めて、
すべて仕切り直すくらいのつもりで、長期展望を考えなおそうかと。

あ、でもサイトやブログをやめる気は全然ないので、
そこが、ちょっと今までのリセットとは違うところかな。

サイトの方向性とか、
メインでやってくジャンルを変えるくらいの描き直しはあるかもしれませんが、
何をやるにしても、ネットで発信すること抜きに、私の人生は考えられない。


人生ゲームで言えば、”1回休み”みたいなもんなので、
しばらくは、表面から分かるような結果は出せないかもしれないけど、
ちゃんと参加はしてますので、みなさんヨロシク~♪

6月の過ごし方:
・自分に合った生活リズム(パターン)を確立する
 ↑体力づくりを優先的に取り入れる。

・ずっとやってみたいと思いながら後回しになっていたことをやってみる。

・インプットの時間を意識的に作る。

・長期戦略の練り直し。(特にサイトの方向性)

5月の最大の成果は・・・

”たくさんの人と会った”こと、かな。

もちろん、ただ数だけこなせばいいってもんじゃないけど、
5月は、人と会うことで、とても得るものが多かった月だったと思う。

新しい出会いがあっただけでなく、
これまで会ったことはあるけど、なかなか距離が縮まらなかった人との
距離がぐっと縮まったように感じたり、
もともと仲良しだった人との距離が、さらに近くなったように感じたり。

これが私の思いすごしというか、ひとりよがりだと
かな~り寂しいものがあるんだけど、まあ、それはそれでいいわ^^;

5月は、2,3人の友人と会うっていうイベントが少なく、
大勢の人と会う機会が多いのも特徴だったかもしんない。

私は、大人数でひとと会うのが、あまり得意ではなくて、
少人数で会うほうが”ホーム”での試合だとすると、
大人数で会うのは”アウェイ”で試合するのぐらい気力がいる。

その意味で、5月はかなり気力を使い果たした感があるけど、
それだけの価値はあった。

そして、4月は、
人との接し方について、ちょっと自信を失いかけていたのだけど、
また少し自信が戻ってきて、人と会うのが楽しくなってきたのも大きい。

”5月にやる!”と宣言していたことのほとんどが
できないまま終わってしまい、(やったのはリバランスくらい・・・)
目に見える成果は残せなかったけど、
”会う人と、良い時間を過ごす”という最大のテーマがクリアできたので
自分の中では1歩前に進めた感覚です。

オクトーバーフェストは天気が悪い日に行こう!

5月23日から6月1日まで日比谷公園で開催されていた
オクトーバーフェスト2008に行ってきました。

お天気はいつ雨が降り始めてもおかしくないような、どんよりとした曇り空。
ちょっと肌寒くて、お世辞にもビール日和とは言えない天気だったので
”寒くて寒くて、ビールどころじゃなかったら、どーしよ~”
と心配だったのですが、コレが意外にも大丈夫だった

・・というか、むしろ天気悪いほうが好都合な感じ?
そもそも、オクトーバーフェストっていうイベントは、
とっーーても混むらしいのだ。

ネットで検索した結果、晴れてる日だと、ビール買うのに40分待ち。
ディズニーランドのアトラクションに並ぶかのごとく、
トンデモナイことになっちまってるらしい。

そりゃあ、野外で飲むビールは、天気がいい日が最高!に決まってるけど、
会場に着いてから、ビール買うのに40分並ぶのでは、いかにも興ざめ。
1人で行ったんなら、まだいいけど、
友達と一緒だと、ちょっと雰囲気悪くなる気がする(←考えすぎ?)。

それに、どちらにせよ、おかわりが欲しくても2杯目のために、
そんだけ並ぶ気力は、もうないだろう・・・

炎天下で40分並ぶのも、寒い中震えながらビールを飲むのも
私にとっては、どっちも苦行だ。
修行には興味あるけど、こんなところで修行したくない。

・・・などと行く前からグダグダと、こんなこと考えていた
心配性でヘタレな私の杞憂を吹き飛ばすほど、
天気が悪い日のオクトーバーフェストは快適だった。

ビールや食べ物を買うのもサクサクだし、
屋根付きスペースのところに席を確保すれば、
人の熱気とビールの酔いで、意外と寒くなかった。
(とはいえ、4月並みの気温だったので、厚着していきましたけど。)

octoberfest11.jpg
夏の夕暮れの雰囲気、そして緑とビルのコントラストがいい感じの日比谷公園

続きを読む »

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。