わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 @札幌

念願だった「男鹿和雄展」。ついに行ってきました。
・・・なぜか札幌で(笑)。

先日、札幌へ行ったとき、
たまたま開催されているのを知りまして、
もう矢も盾もたまらず、ひとり別行動させてもらいました。

同行者一同、「なぜ、札幌にまできて、ジブリなんだ・・・」
と呆れ顔でしたが・・・・す、すいませーん。

oga1.jpg

去年、東京で開催されていたのですが、
ちょうど引越し前でバタバタしていた時期だったため、
けっきょく行けなかったんですよ。

図録を購入iconし、それでひとまず満足していたのですが、
生で見れる機会を、目の前にぶらさげられたら、
行きたい気持ちが抑えられなくなってしまいました。

・・・・と札幌で行ってしまった言い訳はこのくらいとして、
実際に見てきた感想は、

やっぱ、行ってよかった~ 。°(>∇<)°

同行者たちの冷たい視線にもめげず、
無理をおして行った甲斐がありました。

oga2.jpg
展示で写真をとれるのはココだけ。皆さん、この絵の前に立って記念撮影してました!

思った以上にジブリ作品の展示も多く、かなり見応えあり。
ひとつひとつ見入りながら見ていくと、けっこー時間がかかります。

またこれが、間近で見ると、
細かい筆遣いや色の繊細な変化が分かるため、
ついつい、見入ってしまうんですよね。

生で原画を見てみて、印刷されたものっていうのは、
もとの色彩を、ずいぶん平板化してしまう
んだな~ということも
よく分かりました。

もちろん、画集の印刷された絵でも、
男鹿さんの絵のよさは伝わってくるのですが、
実際の絵を見ると、色の多さが違うというか、絵の立体感が違う。
特に、木漏れ日の光や山の緑なんかは、
原画のほうが、ずっとリアルです。

あと男鹿さんの絵を見て、自分の好みを再認識。
夏の風景や、日常の風景の一部を切り取ったような絵が
どうやら、私の心を切なく刺激するようです。うむ。

たとえば、トトロや「耳をすませば」「おもひでぽろぽろ」。
千と千尋」の異世界へ入る前の、日常風景なんだけど、
夏の光が、ちょっと怖い感じを醸し出してる雰囲気も好きだ。

背景画集 草薙3 日本の風景編
↑amazonで発見。こういう日常を切り取った感じが好き。

最後のコーナーでは、男鹿さんの作品づくりの工程も、
映像やパネルで紹介されていて、それも面白かった。
でも、素人の私には、あまりに作業内容が高度すぎて
作品づくりの過程分かっても、なんの参考にもならんかったけど(笑)

男鹿和雄展は、国内巡回中のようで、
札幌展は9/15まで。秋田・角館展が9/20から始まります。
お近くの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか~。

ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。
ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人。
展覧会へ行けない方はDVDや図録で。図録は、会場以外ではセブンアンドワイの限定販売iconです。

-------------
余談ですが、札幌展は、美術館にたどりつくまでが大変でしたよ、、、

男鹿和雄渋滞で、ふつうなら駅からバスで15分で到着するはずが、
なんと1時間15分もかかってしまいました。
東京展のときも、入場までの待ち時間が30分~1時間とかいうのを
ブログとかで見て、「ディズニーランドかよっ。」と思いましたが。

どうやら北海道では、みんな車で来場するので、
人の行列じゃなく、車の渋滞という形で混雑が現れるようです。

そのぶん、美術館への入場は、スイスイでしたけどね。^^

夏休み期間中の週末ってことで、
混雑度はMAXに近かったと思いますが、それでも、この人気ぶりはすごい。

でも並んででも見る価値はあると思います!

・東京現代美術館で「スタジオジブリ・レイアウト展icon」も開催中。

スタジオジブリ 名場面集カレンダー 制作の舞台裏icon

2008年上半期おいしかったもの

もうすぐ9月だってのに・・・上半期以上すぎてるじゃん!
というツッコミはさておき。

先日、牛タンをご紹介しましたが、
それ以外にも、「おいしかったな~」というものがあったので、
ここで一挙放出してみましょう。

jidori.jpg

東京ミッドタウンの近くにある「鶏あえず」。
友人に連れていってもらいましたが、
宮崎地鳥のもも焼きが絶品で驚いたのなんの。

やわらかくてジューシーという
ありきたりな表現しかできない自分が憎い、、、
(そして写真がイマイチなのにも泣ける・・・)

他のメニューもおいしかったけど、
もも焼きが、いちばんインパクトあったなあ。

この間、ミッドタウンのガーデンシアターへ行きましたが、
雨天中止なんで、そんときはココに行こうと思ってたw

あ~、また食べに行きたいっ。

詳しい場所&クーポンはこちら。

そしてお次は、もつ鍋。

続きを読む »

小樽でガラス工房めぐりしてみたい [夢]

ちょっと所用のため、札幌へ行ってきました。

この週末は東京も涼しかったようですが、
札幌なんて、秋の気配を通り越して、冬の気配・・・・
もいわ山の山頂では寒すぎて死ぬかと思いました、、、

でも最終日は、青い空が広がる良いお天気!
飛行機まで時間があったので、小樽まで足を伸ばしてみることに。

otaru1.jpg

小樽は、明治時代のこ洒落た建物も、たくさん残ってて
横浜や神戸と似た雰囲気があります。
小樽には運河があるので、それが大きな違いかな。

古い倉庫や建物の外観は保存して、
中はおしゃれなお店になっているところも多いです。

otaru2.jpg
運河沿いの倉庫街にあるビアレストラン。小樽地ビールを楽しむことができます。

お昼は、ここで小樽地ビールと料理(これもおいしそうだった)を楽しむというプランにも、一同かなり心惹かれてましたが、それをやると酔っ払いになってしまい、帰りがおぼつかなくなる可能性大なので、ここは心を鬼にして通り過ぎることに・・・・・


な~んてことできるわけもなく、
レストランの外で販売している生ビールを買って、
散策しながら飲むことにしました♪

otaru3.jpg
1杯500円。レストランに入らなくても、これなら気楽に地ビールを味わえますね。

小樽地ビールは、味わい深くておいしかった~
お土産に買って帰った瓶ビールも、生に遜色ないくらいおいしかったです。

otaru4.jpgotaru5.jpg
北一硝子の3号館。カントリー、和風、洋風と分かれていて、いちばん規模の大きい店。ここがメインのお店なので、まずはココから。

小樽といえば、小樽ガラス。小樽ガラスといえば、北一硝子。
扱う硝子製品の種類によって、お店も分かれていて、全部回るには時間が足りなかったほど。

手が出ないお値段のものも多かったですが、見てるだけでも目の保養になりました。

3号館やクリスタル館で、いろんな製品を見てまわって分かったのですが、
ガラス工芸なら、なんでも好きってわけでもないんですね、私。
なんとなく自分の好みが分かってきて、面白かったw

月見うさぎをモチーフにした切り子が、すごく素敵だったんけど、
お値段が高くて(ひとつ3000円くらいする)、
ちょっと買う決断がつかなかったですね~

他にも気になるものはあったんですが、
まあ、荷物にもなるし、きっとネットでも買えるかなと思って、
買わずに帰ってきたのですが、実は北一硝子では通販をやってない
という驚愕の事実を、帰宅後に知り、ちょっとショック。。。

北一硝子は、一期一会なもののようです・・・・

#北一硝子では通販やってませんが、他の小樽ガラスはネットで買えるものもあります。  ⇒ネットで買える小樽ガラス

小樽には、北一硝子以外にも、
硝子工芸のお店や工房が、たくさんあるので、
今度は、じっくり硝子工房めぐりをしてみたいな~

硝子以外にも、いろいろとアートなお店もあって、
小樽は芸術の街としても楽しいです♪

昼はひとりでのんびり工房めぐり、夜は一緒に食事を楽しむ、
みたいなスタイルで旅をしてくれる同行者がいるとベスト。
小樽は、食べ物もおいしいですからねー
ひとり旅だと、なかなかお店に入りづらい。。。

otaru8.jpg
旧手宮線の線路の一部が保存されてます。小樽駅から運河のほうへ向かう途中で、いきなり、こんな風情ある線路が出現するので、ちょっとビックリします。

小樽に行ったことで、
私って、硝子の質感や色感が好きだったんだな~
ということを思い出しました。

全国各地に、いろんなガラスの名所があるので、
そういう場所をめぐる旅も楽しいかもしれない。

来年の夏は、風鈴を買いに行く旅をしよう。

まずは近場で、墨田区ガラス市すみだ江戸切り子館
なんかが行きやすいかな。
体験学習、どなたか一緒にやりましょう~

ガラスを買いに行く (コロナ・ブックス)
ガラスを買いに行く (コロナ・ブックス)
太陽編集部

和ガラスに抱かれて―坂崎幸之助のガラス・コレクション
日本のガラス―その見方、楽しみ方
産地別 すぐわかるガラスの見わけ方

by G-Tools


↓この人の作品も気になってたんだっけ・・・

水と空のあいだ
イイノ ナホ
4897375568

ちょっとお試し。やり方変えてみよう。

6月くらいから、なんかモヤモヤしていて、
”どうもいかん。”と思ってたのですが。

やはり、このまま同じように続けていても、
改善のきっかけはつかめなさそうなので、
思い切って、やり方を変えようと思います。

6月にも、”すべてを仕切り直す”って言ってたんだけど、
けっきょく、変化によって失うものが怖くて、
ずるずるとそのままペースだけ落としてきただけだったんですよね。

でも、目標を立てて、優先順位のもとにTo Do Listを作って、
それを、効率よくこなしていくっていう方法に
少し息苦しさと限界を感じているようです。

ここ2,3年の間、この方法は、実にうまく機能してくれてました。

混乱していた私の人生を整理してくれて、
やること・やりたいこといっぱいな日常の中で、
スムーズにことを運ぶには、とってもよい方法。
私が得た大きな財産です。

でも、今の私には、もっと違うアプローチが必要。
そんな気がします。

しばらくの間、いろんなやり方を試してみながら、
どんな変化が起こるのかを検証してみたいのかもしれません。

”ソース”が、とっても面白かったので、それも影響してますね。^^;

いろいろ試して、また目標がっちり立てて進めるときがきたら、
優先順位を決めて、To Do Listっていうのも使っていくと思います。
でも、しばらくそれは、必要最低限度にとどめておこう。


しばらくの間、試してみることは、

・直観にもとづいて行動する。
・あらゆるワクワクに対して、小さな一歩を同時に実行する。

直観を鋭くするには、ココロに淀みがでないよう、
ふだんの心がけもよくしないとね♪

さてさて。どんな変化が現れるでしょうか?
お。なんかワクワクしてきたぞ(←単純:笑)

牛たん好きにはたまらない。仙台牛タン「利久」をお取り寄せ

仙台牛タンで「利久」といえば、牛タン好きなら知らない人はいない。
1度は食べてみたい有名店。
肉厚な牛タンが、そりゃもう、おいしいんですよ。

仙台駅の牛たん横丁にも支店があるのですが、
「利久」は、いつも行列ができてました。

行列ができてないお店にも入ってみたのですが、
やっぱ、いまいちでしたね~

とはいえ、いくら牛タン好きとはいえ、
そうそう仙台まで行ってるわけにもいきません。

でも、そんな牛タン好きな私に嬉しい発見が!
この「利久」の牛たん。
なんとお取り寄せもできるようになってました。
ああっ!もっと早く知っていたかったよ!

gyutan.jpg
魅惑の牛たん。この肉厚でジューシーな牛タンを食べたら
、焼き肉屋の薄い牛タンが物足りなく感じられちゃいます・・・・


レモンを絞った汁につけて食べれば・・・・
くーっ!たまらん! 想像しただけでヨダレが~

利久の通販では、専用の焼き網も販売してるのですが、
これで焼くと、余分な油分が、うまーく落ちてくれます。
網の下の白い部分が、落ちた油を、うまい具合にすってくれて、
油で火がぼっとなることを防いでくれてるみだいですねー

お値段も、そんなに高くないので、
この肉厚の牛たんを満喫するなら、一緒に購入したほうがいいと思います。
焼き肉用のプレートやフライパンで焼くより、ずっとおいしいですよ!

牛タン好きな私は、リピートも想定していたので、
当然、焼き網も一緒に購入しました♪

牛タンは真空パックで冷凍の状態でやってきますが、
流水で解凍すれば、すぐに食べれます。

解凍前は、「なんだか薄い・・」と思うのですが、
解凍すれば、厚みが出てきますのでご心配なく。
4枚入りでも、かなり食べごたえありますよ。

利久の牛たん 真空パック(4枚入り 120g)
牛たん用焼網は、こちら


● 仙台のその他の牛たん店

続きを読む »

なんかバランス悪いな、、、と感じてたら

最近、どうも自分のやってることが、なんかしっくりこない・・・
漠然とだけど、そう感じてた私にとって、
この本は、とても良かった!

4900550132ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
Mike McManus ヒューイ 陽子
ヴォイス 1999-10-01

by G-Tools


図書館で借りたんだけど、コレは買いなおして
手元に置いておきたい。

本田健さん好きな方はご存じかと思いますが、
このソースのワークショップを受けて、
本田健さんも「本を書く」という大きな一歩を踏み出し、
幸せな小金持ちシリーズ」が生まれたのですよね~

なので、ワクワクに関する考え方など、
重なる部分も多く、本田健さんの本を読んだことがある方なら
かなりスムーズに読んでいけると思います。

本田健さんの本を、何冊か読んでいる私にとって、
この本で、いちばん新鮮だったのが
やりたいこと(ワクワク)を、バランスよく全部やる
というアプローチ。

やりたいことを全部100%やっていると、
あなたにふさわしい仕事やパートナーがやってくるんだって。

ホントかな~と正直、半信半疑ですが、^^;
”やりたいこと””好きなこと”でも、同じものばっかりやってると
バランスが崩れてきて、楽しくなくなってくる。

これが今の私の状態かなーと思い当たるフシもあるので、
この本を参考に、少しスタイルを変えてみようかと思いました。

●そのほか、私が”なるほど”と思ったこと。

続きを読む »

東京ミッドタウンガーデンシアターで、夏の夕暮れを満喫

わださんのブログで知った、こんな素敵な夏の夜のイベント。

ガーデンシアターカフェ (東京ミッドタウン)

夏の夜に、野外で芝生に寝転んでビールを飲むだけでも
”く~っ ”としびれちゃうというのに、
野外シアターという、さらに胸キュンなシチュエーション。

”これは絶対、行かねば、行かねば!”ということで、
ようやく行ってまいりました。

でも、ガーデンシアターの前に、ちょっと寄り道。

midtown0.jpg

ガーデンシアターの脇の小道を進むと、「ASHIMIZU」があります。

夏の夕暮れの心地よい風に吹かれながら、
流れる水に足を浸すと、ほっとします。

ashimizu2.jpg

無料なのですが、受付して座布団を借りてから、座ります。
写真の団扇は、もらえるんですよ~
けっこうかわいいデザインなので、嬉しかった♪

「ASHIMIZU」を満喫したところで、ガーデンシアターへ。

続きを読む »

夏の別れ

とてもとてもお世話になった人がいたとして、
言葉に言い尽くせないほどの感謝をしているとして、

でも、その人のために何もしてあげることができなくて・・・

そんなとき、あなたなら、どうしますか?


もちろん、その人のために何かできることが、
今後あるかもしれない。

でも、ひょっとしたら、恩返しできる機会は
永遠にやってこないかもしれない・・・・

そんなとき、人はどうすればいいのだろう?


夏が、ちょっとずつ終わっていきます・・・・

情熱大陸スペシャルライブ(夏フェス) 来年へ向けて備忘録

来年の夏フェス(野外イベント)に向けて、忘れないように
持っていってよかったものなど、メモを残しておこう。

真夏の炎天下、しかもいちばん暑い時間帯からなので
実は、けっこう過酷。
でも、ちょっとしたことでも
準備をしておくのとしておかないのでは大違い。

なるべく快適に楽しめるように、用意できるものはしておくべし。

続きを読む »

北島選手の金メダルにうるっ。

北島選手、金メダルでしたね。
ニュースで見たけど、思わずウルウルなっちゃった。

他の国の選手たちが、プールの中で、
北島選手のところに寄っていき、祝福してくれてる様子が、
これまた、なんだかぐっときて。

は~、いかんのう。
高校球児を見ても泣けるし、
最近、すっかり涙腺が・・・・。(つД`)


でも北島選手も、アテネ以降はスランプの時期が
かなり長かったんですよね。

そこからの完全復活。
これが、またスゴイと思っちゃうわけです。

いい時期もあれば悪い時期もあって当たり前。
そこでクサってチャレンジをやめちゃうか、
それとも、夢をあきらめず頑張れるか。

そりゃあ、頑張れば誰でも金メダルとれるとは
世間知らずな私でも、さすがに言いませんが、
あきらめちゃうことで叶わないことも、
実は、きっと多いんではないかとも思う。

北島選手、ホントよかったね~。(つД`)

情熱大陸ライブで小田和正さんの人気にビックリ。

情熱大陸スペシャルライブは、
夏フェスに参加したいってのもあったけど、
数あるフェスの中から、これに参加する気になったのは、
やっぱり小田和正さんの出演が大きい。

そして驚いたのが、小田さんの人気だ。

いや、そりゃ、あんたが小田さん大好きだから、
そんなこと思うんでしょーって言われちゃうかもしれませんが、
そして自分でも、ひいき目2割増しは否定しませんが、
それでも、情熱ライブの会場で

小田さんは大人気だった!

・・・・・・。シーン

ちょっとちょっと。
小田さんファンじゃない、そこのあなた。
ドンびき禁止です(笑)!

まあ、ここは、
小田和正ファンのたわごとと思って
聞いてやってくださいよ。

oda1.jpg
小田さんの登場に会場は大盛り上がり。一気にテンションがあがった。

それまでも大物ミュージシャンのステージでは、
アリーナブロックは総立ちだったけど、
ちょっと(いえ、かなり)ステージから遠いDブロックは、
立ってる人はまばらだった。(少なくとも私の周りは)

それが小田さんが登場するとともに、Dブロックも総立ち!

歓声も、たくさんあがってて、その盛り上がり具合に
”え、小田さんって、こんなに人気あったの~?”
とびっくり仰天してしまった。

続きを読む »

情熱大陸スペシャルライブで音楽と夏を満喫!

昨日は、情熱大陸スペシャルライブ@夢の島
へ行ってまいりました!

いわゆる”夏フェス”ってやつでして、
この暑さの中、いちばん暑い時間である14時からスタート、
という、とってもご苦労さまなイベントであります、、、

14時から、陽もとっぷりと落ちて暗くなった20時まで
音楽漬けのイベントのため、
途中、飽きちゃうかな~と心配だったのですが、

もう、出てくるアーティストが、それぞれ素晴らしくて、
飽きる暇なんて、全然なかった!

素敵な音楽とビールを味わい尽くした真夏の1日。
あ~、なんとという贅沢!
まさに至福の時間を堪能できました。

jounetsu1.jpg
写真は藤井フミヤさんのステージ。他にも小田和正さん、河村隆一さん、森山直太郎さん、佐藤竹善さんなど大物J-POPアーティスト、西村由紀江さん、押尾コータローさんなどインスト系の著名アーティストも多数。

野外ライブは、時間の経過とともに、
真昼→だんだんと夕暮れ→夏の夜という具合に
まわりの風景や光、そして空気が変わっていくさまを
身体全体で感じられるのが、またいいんですよね~

その移り変わる景色や空気によって、
流れてくる音楽も、違って聞こえてくるんです。

これは、部屋やコンサートホールといった室内では
決して味わえない、野外ならではの醍醐味ですよね。

今回、豪華アーティストの競演に酔いしれましたが、
その中で、もっとも際立った輝きを放っていたのは、
ホスト役の葉加瀬太郎!

さすがファイナルアーティストはダテじゃない。
とりを努めるのは、ホスト(プロデューサー)だからでしょ、と思ってたけど、
あのプロフェッショナルなステージを見せられたら、
そういう考えは、大いに間違っていたと反省、、、


B000QEIVW4SONGS
葉加瀬太郎
HATS UNLIMITED(ADI)(M) 2007-07-04

by G-Tools


雄大なメロディーが、真夏の野外で聞くとなおさら心地よい。

葉加瀬さんの楽曲は、いろんなところで使われてるので、
もちろん聞いたことはあったのですが、こんなにいいとは思わなかった。
生(ライブ)の力かな~

またねえ、葉加瀬さんは、太っちょだし、髪型も妙だし、
決してカッコいいとはいえない外見なのに、
ライブを見てるうちに、どんどんカッコよく見えてきちゃうのよ。

これぞ、まさに音楽の魔力

見せつけられた(笑)。

葉加瀬さんの曲は、今後少し追いかけてみたいなーと思いました。

どうやら、葉加瀬さんも、いま全国ツアー中らしく、
東京公演が9月と11月にあるみたい。
小田さんのツアーも9月で終わるし、行ってみようかな~ ^^

あと今回、葉加瀬さん以外で、改めてちゃんと聞いてみたいなーと思ったのは、
キマグレン森山直太郎さん押尾コータローさん中孝介さんなど。


ジョイントライブは初めてだったけど、
いろんな音楽に触れられて面白いものだなーと思いました。
う~ん、ちょっと開眼しちゃったかも。 また行ってみたい!

夏も、もう後半だけど、ぴあで探してみると、
これから開催される夏フェスも、たくさんあるみたい。
まだ間に合う!これから開催の夏フェスを探してみよう



少しずつ夏の終わりへ

いよいよ夏も後半戦
・・・って、さすがに気が早いか。。。

とも思ったけど、考えてみれば明日は立秋。
もう残暑見舞いだ。


7月までは、100%夏だ~!っていう感じなんだけど、
8月に入ると、少しずつ少しずつ夏の終わりが
忍び込み始めるのを感じて、ちょっとだけ胸がきゅんとなる。

暑さは、まだまだこれからが本番だというのに!
なんでだろう?

原爆の日、終戦記念日などもあるせいでしょうか。
なんとなく、物哀しさを感じ始めるのですよね。

でも夏のイベントも暑さも、さらにもうひと盛り上がりある。
まだまだ夏を楽しんでいたい。

子供のときみたいに、
ながーい夏休みがあるわけではありませんが、
でも、オトナになっても、やっぱり夏は非日常なのだ。

とりあえず、夏を満喫するために、
毎日、ビール飲んじゃってダメ人間になってます(←毎年恒例)

オリンピック前の北京にて、愛想のよさにビックリ!

オリンピック開幕まで、あと2日。
さすがに、だんだん盛り上がってきましたね。

さて、オリンピック前の北京へ行ってみて
もっとも驚いたことは、中国人の”愛想のよさ”でした。

いきなり到着早々、
空港職員の愛想の良さに驚くところから始まり、
ホテルや高級レストランでは、これでもかというくらいの
”ニーハオ&笑顔”攻撃。

うーん、なんか極端なんだよなー(笑)

続きを読む

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。