わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の小遣い3万円では出世できない。

旦那さんのお小遣いは減らせばいいというモノではないらしい。

夫に出世してもらいたいなら、お小遣いの金額は収入の10%が目安とか。


夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法たまたま著者の方とお会いする機会があり、この本をいただいたのですが、タイトルを「夫の小遣い3万円では出世できない」に変えるべきと思ったくらい、なるほどね~と思った(笑)。

旦那さんへのお小遣い額を巡って、夫婦の間で攻防を繰り広げているご家庭も多いかと思うのですが、こういう視点で考えてみることも必要ですよね。

まあ、確かに”旦那さんの将来への投資”と考えてもよいかどうかは、そのの使い道にもよるので、一概には言えないところなのですけれど。

ギャンブルは論外としても、ジュースやおやつ、雑誌とかにパッパカパッパカ、チリもつもればな額を使ってしまう人もいますから(まったくダメというわけではなく、程度問題ね。)、そこは相手次第で、奥さんが手綱を締めねばならないわけですが、逆に、

”将来への投資”という位置づけでもらったお小遣いの場合は、旦那さんの側も、そうした意識を持って、使い道を考えなくてはいかん、ということですな。

やはりそこは、夫婦で話し合い、お金の使い方についての価値観を共有することが不可欠なんだと思います。

そこから強まる夫婦の絆・・ってのも、きっとあるのかな、と。

まあ、バツイチの私がいくら言っても説得力ないと思うんですが。^^;

夫婦同時失業から、わずか2年でここまで成功したご夫婦の頑張り話も面白いので、次に刊行が予定されているというコミックエッセイも、ちょっと楽しみ。

節約についての話は、その手の本を読んだことある人にとっては、目新しいものはないと思いますが、”お金の有効な使い道” ”夫婦でお金のことを考える重要さ”については、特にご夫婦で読まれると得るものがあると思います。

独身の私が手元に置いておくよりは、夫婦で読んでいただきたい、特にお小遣い制のご夫婦には1度読んでもらいたいな~と思ったので、友だちにも貸してあげようっと♪

お小遣いが少なくて悩んでいる旦那さんは、奥さんの目につくところに、さりげなく置いておく作戦もいいかもしれないですね(笑)。

amazonでの読者レビューは、こちら。

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。