わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の楽しみ♪ ふぐひれ酒を自宅で手軽に

寒い冬に飲む”ふぐひれ酒”。
おいしいですよね~。

体も、ぽかぽか温まるし、
なんと言っても、あの”香り”がたまりません!



”ふぐひれ酒=お店で飲むもの”っていうイメージがありますが、 ふぐひれだけを買えば、おうちでも手軽に楽しめます。

DSC04722
私は、下のお店から買いましたが、一袋に15枚くらい入ってました。

本場下関のとらふぐのひれ

1枚1枚のひれも大きくて立派!

DSC04723

これを、ガスコンロであぶり、熱燗にした日本酒に入れて
しばらくふたをしておけば、あっという間に、”ふぐひれ酒”が
自宅で出来上がり~♪

私はずぼらなんで、湯のみに日本酒を入れて、電子レンジでチンしてますが、
その前に調理したものの匂いが、びみょーについたりするので
できれば、わかしたお湯につけて熱燗にするのが、やっぱりおススメ。

今年の冬は、厳しい寒さが身に染みますが、
自宅でつくるふぐひれ酒で、じんわり体の中から暖まってみてはいかがでしょうか♪


ブッダにならう 苦しまない練習

ブッダにならう 苦しまない練習

ブッダにならう 苦しまない練習

”気鋭の僧侶・小池龍之介氏のわかりやすく実践的なメッセージとブッダの教えが融合し、全編を通し気づきが溢れる一冊。”

人が目をそらしがちな現実を、ちゃんと認識し、受け入れることで、苦しまないようにしようという方向性を感じた本。

人間は、自分も周りの人も、そして人生も、よいものだと思いたい。
でも、実際には、ヒトには醜いところもあるし、人生も、時に残酷だ。

自分や他人に期待しない、人生に期待しない。

自己啓発やポジティブ系の考えとは、真っ向から対立する考え方です(笑)。

個人的には、”諦めのススメ”とも感じられる内容とテンションなので
読んで元気になる本ではないですが、自己啓発系の本が肌に合わない人には、
むしろ、こちらのほうが向いてるかも。

続きを読む »

のどぬ~るぬれマスクがもったいないので、再利用できるやつを買った。

東京は、あいかわらず乾燥した日が続いてます。
毎年のこととはいえ、ここまで乾燥してくるとツライ・・

小林製薬からでている”のどぬ~るぬれマスク ”。

マスクに保湿ジェルを装着するので、のどの乾燥が改善されてスゴクいいのですが、 3枚で400円ほどするので、日常的に使うには、ちょっとコストがかかる・・・



で、見つけたのが、使いすてじゃない、この手のマスク。

mask


FELISSIMO フェリシモで見つけました。

水でぬらしたガーゼやコットンを、マスクの顔にあたるほうに入れられるポケットがついてます。

洗って何度も使えるので、低コストなのが嬉しい!

通常のマスクと比べて、ブロック力がどうなのかは、ちょっと分からないのですが、保湿という意味では、すごくよいです。

わたしは、喉が弱いので、冬は寝るときもマスクを使ってるのですが、これを就寝時用として使ってます。
(でも寝るときのマスクは、息苦しいので、鼻は出してるんだけどね・・・)

☆ この商品の取り扱いはFELISSIMO フェリシモ

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモは、服はちょっと安っぽい感じで、イマイチなことが多いのですが、 雑貨は、便利なものやかわいいものが多いので、気に入ってます♪

アート書を楽しもう

うん十年ぶりに、お正月に書き初めをしたのに刺激されたわけでもないのですが、最近、文字アートにも惹かれてて、ときどき図書館で本を借りてます。

今回、借りたのは「アート書を楽しもう 著者:鹿田五十鈴」。

 

DSC04716

書に、いろいろな手法で装飾をくわえています。
文字だけのときよりも、ぐっと華やか!

DSC04718

さまざまな手法を紹介してますが、それぞれ使う道具によって、風合いが異なる作品が生まれるのが面白いですね。

和紙やスタンプ、ステンシルを使った作品は、優しい雰囲気で好き♪

DSC04717

絵具を、たっぷりの水で置いて背景にした作品も、幻想的で素敵です。

著者の山田五十鈴先生は、NHK文化センターなどで講座を開いていらっしゃるようですね。5月には個展もあるようなので、行ってみようかな。

山田五十鈴先生のHP

 

おしゃれな文字アート―もっと「手書き」を楽しもう! おしゃれな文字アート―もっと「手書き」を楽しもう!
さとだて ゆめこ

☆ この方の本もよかったです。モダンな感じかな。

古代文字のアートなんかも紹介されていて、それもGOOD。

ほかにも、アート書やデザイン書道の本は、けっこういろいろ出てます。

感じて描く漢字アート 筆と墨で伸び伸び書こう!こんなに楽しい遊び文字  文字アートの年賀状―おしゃれで楽しい! 筆書きのカリグラフィー―季節を彩るポストカードと小品づくり

by G-Tools

いよいよ、おうちで靴を試着!~返品自由のjavari購入体験

javariで気になるブーツを注文して2日後には、商品が到着しました。

さっそく試着しなきゃいけないのですが、javari365日以内なら返品できるので、時間のあるときに、ゆっくりやればいいやと思えるのが、急かされない感じでよかった~ (実際には、宅配の箱が部屋にあると気になるので、数日中にはやりましたけど。)

試着するときに気をつける必要あるのが、梱包のされ方。

きちんと梱包しなおしてから返品しないといけないので、どういうふうに入っていたかをチェックしながら、取り出します。

DSC04724

特にブーツは、梱包に使われてるものが多いので、とっちらからないようにしないと。
一足試着したら、それをしまってから、また次の一足というふうにしていかないと、訳がわからなくなる可能性大です。

DSC04725

でも、家での試着は、ゆっくりと気がすむまでできるのでイイですね~。

靴に合わせたい服を着て試着できるので、それがスゴクいい!

特にブーツの場合、筒の長さ加減が、びみょーに影響する気がするので、手持ちのスカートで合わせてみれるのがよかったです。

続きを読む »

40代を後悔しない50のリスト

TUNKAさんがBlogで紹介していたのを見て、読んでみました。

40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則


著者が、リクルート時代から現在まで、1万人以上に成功談・失敗談を聞きまくり、そこから導き出した「後悔リスト」と、その具体的な解決法を50個にまとめてます。

ターゲットは、40代のバリバリ仕事してる家庭持ちの男性ビジネスマンですね。

なので、私のような独身&バリバリ仕事してない女性が読んでも、あんまりピンとこないところも多いのですが、”なるほろー”と思うところも多々ありました。

たとえば・・・・

自分にとって大切なことを優先できなかった
→「人生で手に入れたいこと」を3つに絞り、「円グラフ」に描く。

わかっていても、結局「守り」に入ってしまった。
→20%は必ず「オフェンスモード」を入れる。

それまでの「勝ちパターン」にこだわらず、自分の感じるままにやる。
特に、行き詰まり感があるときは。

誰にも負けない「強み」がつくれなかった
→「勝てる土俵」を自分でつくって勝負する。

「スピード決断」ができなかった
→意思決定は「小分け」して判断できるサイズにする。

利害を超えた「人づきあい」を軽視してしまった
→「本当に困ったときに助けてくれる仲間」を持つ

・・・などなど。

私ですら、「なるほど」と思うところがあったんですから、
ターゲットど真ん中の人が読めば、きっと思い当たるところ、
ありすぎなんじゃないかと。

定年退職した人の後悔は、実は「40代の過ごし方」に集中してるそう。
30代の延長ではダメなんですね。

30代まで順風満帆だった人は、かえって気をつけたほうがいいのかも。
(逆に、30代までイマイチだった人は、逆転のチャンス?:笑)

詳しい内容紹介は、こちらから。
40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

▽ 30代Ver.もあり。目次を見ると、思い当たること多い・・・

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

踵の高さも検索できるのが便利~靴の試着返品ができるJavari

初めてのブーツを買いに、お店にブーツを見に行ってみました。

が!
なんかイロイロありすぎて、逆に選べない~。 (;´Д`)

でも、少し見ていくうちに、自分が求めてるものが、なかなか店頭では見当たらないことに気付いてきました。

形がきれいだなと思ったやつは、踵が高すぎたり (身長があるので、あまり高いのはNG)、逆に踵が低すぎるやつは、私にはカジュアルすぎて、スカートだと合わない感じ。

う~ん、難しいよ。。。 初めてのブーツ選び。

そんなとき、友人が履いてたブーツが、形もステキなのに、踵の高さも丁度よさそげ。高さを聞いてみると、「5cmくらい」とのこと。

でも、その高さのブーツって、意外と店頭では種類が見つからず・・・・・
そこで思いついたのが javari !


靴の通販サイトなのですが、検索するときに、サイズや色だけでなく、踵の高さでも絞り込みができるんですよ。

続きを読む »

ドールハウスのミニチュア小物 和物の本

スキャン0002

スキャン0003

ドールハウスのミニチュア小物 和物の本―古谷由美子作品

「日本の四季をミニチュアに」というコンセプトで
日本の春夏秋冬を感じさせるものが並んでいます。

「和物」というコンセプトがいいですね。
やけに心がきゅんときます。

続きを読む »

目からウロコの防災新常識

こんなご時世なんで、図書館で借りて、ちょっくら目を通してみました。

あなたと家族の命を守る 目からウロコの防災新常識 あなたと家族の命を守る 目からウロコの防災新常識

地震だけでなく、火災(山火事含む)、雷、竜巻、集中豪雨などの項目もあるので、災害全般の知識を得るのに役立ちます。

特の覚えておきたいな、と思ったことをメモ。

続きを読む »

これは、暖かい!裏起毛タイツが、冬のスカートの強い味方

ほんとはスカートを履きたいのだけど、ふくらはぎが太いのがコンプレックスな私。

タイツを履くと、ふくらはぎが太く見えるのが、いくぶん緩和されるので、
なぜか寒い冬に、わざわざ脚を出して、スカートを履いている。
(むしろ夏はパンツかロングスカートで、脚は隠してる。)

なるべくあったかくしたいので、デニール数の大きいタイツを使ってたんだけど、
今年買った、裏起毛のタイツの暖かさは段違いだった。



裏起毛っていうのは、いいアイデアだよな~。

触った感じは、ちょっと分厚い感はあるんだけど、履いてみると、いままで愛用してた180デニールのタイツと比べても、そんなにもこもこ感ないし、脚も太く見えない。

 

いままで使ったタイツの中では、アツギのRelish 180デニールタイツ が、いちばん履き心地もよく、もこもこ感がなかった。→

※なんとRelish 210デニールも出てる!
ちょっと、これは試してみたい・・・・


裏起毛のタイツって、以前からあったのかな?
「裏起毛 タイツ」や「裏起毛 スパッツ」で検索すると、いろいろ出てきてビックリしました。

裏起毛タイツの商品一覧を見る

でも、わたしが買ったところのは300円とダントツに安い~!
しかも、メール便で送料100円だし。

ブラックをお試しで買ったんだけど、真冬は、もう裏起毛タイツ以外履く気がしないので、もう一足&ブラウンも買おうかな。

願わくば、着圧タイプで、こういうあったかタイツがあるといいのに。

なかなか両立は難しいと思いますけれど、180デニールや裏起毛で
しっかり着圧タイプが出たら、売れると思うなー。

▽各ショップのリンクから、いろんな裏起毛タイツの一覧が見れます♪

靴の試着・返品ができるjavariで、はじめてのブーツを買った!

わたしは、今までブーツを買ったことがありません。
寒い冬も、ふつうのパンプスやシューズで過ごしてます。

ずっと、冬はパンツスタイルだったので、ブーツの必要性は、そんなに感じなかったんですよね。

ふくらはぎが太いのがコンプレックスで、ロング丈以外のスカートは、ずっと避けてきたのですが、一昨年くらいに、「タイツをはけば、ふくらはぎが太いのが、少しマシに見える!」ということに気付き、わたしの冬のファッションスタイルに変化が・・・・。

 

← このくらい美脚なら、冬以外でも履けるんですけどねえ・・・ うらやましい。



続きを読む »

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。