FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

お返しができないときに、自分にできること。

自分が受け取ったもののお返しを
直接、その人に返せなかったり、返しきれなかったとき、
とりあえずできることは、

「今後、直接お返しできる機会がきたら、それを逃さない」

そして、

「誰かにしてあげることが、自分にあるのならば、それをしっかりやる」

ことだろうか。


桜らいん

直接、その人にお返しすることができなくとも、
誰か他の人になら、できることは色々とあるかもしれない。

それは周りにいる大切な友人かもしれないし、
通りすがりの人かもしれない。

仕事を通じてできることかもしれないし、
自分の趣味などの活動を通じてかもしれない。

単純な話、
「電車でお年寄りに席をゆずる」とか、
「困っている外国人旅行者に道を教えてあげる」とか、
そんなレベルのことでも、いいんだと思う。

もちろん、相手によっても、
自分のできる許容量というのは変わってくるので、
その点で無理をする必要はないと思う。
(なんか性格悪い言い方だけど、すべての人に同じように、
というのは現実的じゃない気がする)

でも、そう考えると、自分にできることなんて大して多くない。

でも、そのぶん、
「いまの自分にできること」は、
見返りを求めることなく、真摯にやっていきたい。

もちろん人間なんで、
心のどこかで「見返り」を求めてしまうこともあると思うけど、
(見返り=感謝、報酬に限らず、いろんな形をとる。)
自分が返しきれなかったものを、
相手や方法を変えて、間接的に返してるようなもんなんだから、
見返りがなくても、ガッカリしない。ふてくされない。

恩を感じてる人に支えてもらっているだけでなく、
自分が知らないところで、支えてもらっていることも、
きっと、たくさんあるのだろうから、
それを考えたら、見返りなんて求めてる場合じゃない。


いまの自分にできることを、1個1個やっていくこと。

それが、私にできる恩返しの方法かもしれない。

・・・・・ここまで大仰に書いてきたけど、
早い話が、これって「一日一善」?

な~んだ(笑)。
   ⇒さらに ひとりごと 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

とっても心に響きました!
素敵な記事をありがとうございます。

■ayanさん
ありがとうございます。

共感してくれた方がいらっしゃったということが、
とても嬉しく励みになります。^^

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ