FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

小田さん、泣いてた、、、~小田和正ドームツアー最終日@大阪~

12月20日。小田さんのツアー最終日。
年末も押し迫った、この忙しい時期だっていうのに
私は、またしても大阪へ行ってきました。(←バカ)

だって、だって。
9月にも最終日で大阪へ行きましたが、
今度は、追加公演であるドームツアーの最終日。
3年ぶりのツアーも、ホントにホント、これで終わりなんですもの~

DSC04429
大阪京セラドーム。小田さんのコンサートでの映像風に。

コンサートの看板やツアートラックを、東京ドームでは見れたのですが、
大阪では看板も飾られてなく、ツアートラックも会場周辺には見当たらず。
東京のときは、すでに会場へついたときは暗くて写真がとれなかったので
この大阪公演での撮影にかけていたのに・・・なんとも残念。
なんで大阪にはないんだよ~!とほほ~~ 

DSC04428
しょうがないのでグッズ売り場でお茶を濁す

東京ドームのときは時間がなくて、グッズを買いそこなったため
グッズ購入も大阪にかけていた。
最終日というなごり惜しさとコーフンも手伝って、ついつい色々欲しくなる。
(購入グッズの紹介については、またのちほど。)

そして、グッズが飛ぶように売れていくさまには驚かされた。
景気が悪い悪いって言われてるのが、まるで嘘みたい。
こりゃ、消費による経済活性にひと役買っていることは間違いない(笑)


桜らいん

コンサートの内容は、東京ドームのときと基本的には一緒。
”思いのままに”をオフコースのときのままのアレンジでやってくれて、
やっぱり、今回も胸が熱くなってしまった。

ドームツアー「きっと、またどこかで」は、アリーナツアー「今日もどこかで」以上に、オフコース時代の曲が増えていた気がする(メドレーもあったしね)。

しかも、ソロになってからの曲が、比較的みんなが知ってる曲ばかりなのに比べて、オフコースのころの曲は、「聞かせて」とか「思いのままに」や「夏の終わり」「NEXT」みたいに、オフコースのときから熱心に聞いてなきゃ(もしくは、そこまで遡って聞いてなきゃ)知らんだろって曲も入ってるのが、オフコース時代からのファンにはたまらなかったんじゃないでしょうか。

オフコース時代の映像がメドレー中流されたり、オフコースのころにライブで使った映像(「言葉にできない」のひまわりとか)もさりげなく使われていて、”分かる人には分かる”演出も憎かった~(あのひまわりの意味が分からなかった方は、伝説の武道館10DAYSの映像を見るべし。)

Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界
B00005U27W


自転車で、アリーナをぐる~っとまわる演出も、小田さんらしくてステキ。
(ただ片手運転は見ていてハラハラするので、ヘッドセットをしてほしい・・・)

ドームツアーのリハーサル中に、はしゃぎすぎて自転車で転んで怪我したという足のせいで、東京でも名古屋でも走れなく、最終日もずっと走ってなかったのですが、後半盛り上がり最後のほうで、いきなり全力疾走しだした小田さん。

あの長い長いドームの花道をズオ~っと走る小田さんが見れて、
やっぱりうれしかった。

でも、ご本人的には不本意な走りだったようで、本篇最後のMCで
「怪我した足を、ずっとかばっていたせいで筋肉が落ちてしまい、
走ってみても、まるで自分の体ではないかのようだった。」
と、ひじょーに悔しそうな様子でした。

「鍛えなおして、必ず、またここで満足のいく走りをしたい」
と、リベンジ宣言をしていたので、きっとまたツアーをやってくれるはず。
その約束を心の糧に、次のツアーを待ちたいです。

でも、冷静に振り返ってみると、このリベンジ宣言って、
ミュージシャンっていうよりも、まるでアスリートの発言みたい・・・・
心残りは、そこなの、小田さん?^^;

DSC04438
なんと最後の最後にオンステージに当たってしまった。

アンコールは、いつもはこれで終了の「今日もどこかで」が終わったあとで、
バンドメンバーと相談した後で、「ラブストーリーは突然を」をもう1回。
そしてさらに、バンドメンバーが退場した後で、ひとりステージに残って
「きっと、同じ」をギター弾き語りで。

「きっと、同じ」の前に、「なんとか泣かないで終えることができた」
と言っていたけど、大きなモニターには、前奏をギターで弾きながら、
涙目でしぱしぱしてるのが映し出されていました。

”また会おうぜ~!”という言葉とともにステージを後にした小田さん。
その後は、いつもならエンディングアニメーションが流れるのですが、
今回は、ステージ裏で、スタッフに胴上げされている様子が、
会場スクリーンに流されてきました。

そして、胴上げ後、涙をぬぐって、両手で一瞬顔をおおう小田さんの姿。
ああ、やっぱり泣き虫だ、小田さん。・゚・(ノД`)・゚・


すぐにエンディングアニメーションに切り替わってしまいましたが
こっちもなんだか祭りの後の寂しさに。終わっちゃったんだな~

今年参加した小田さんのコンサートの思い出とともに
一緒にあちこち見にいった小田さん友達のみんなの顔や旅先の思い出、
そして、そんな旅先での新しい出会い。

今年は小田さんのツアーに、はっきりいって振り回されましたが(笑)、
でも、とってもとっても楽しい時間をたくさん過ごせました。

小田さん、ツアーをやってくれてありがとう~!

コンサートで感動をもらったというだけでなく、小田さんのツアーのおかげで、
久々に同じ時間を過ごし、つながりが復活した友達もいました。
小田さんのツアーを通して、新しい出会いもありました。

ぜんぶひっくるめて、小田さんには”ありがとう”を言いたいです。

そして、一緒に行ってくれたみんな(特にmokonaさん、Mさん)、本当にありがとう!
おかげさまで、コンサートだけでなく、その前後の時間も楽しく過ごせました。

”きっと またいつか”、小田さんがツアーをやってくれることを、
そして、そのときは、また一緒に感動をみんなと共有できることを
私は今、心から願っています。

”どうも ありがとう~!!”
(↑分かる人には、分かる:笑)

P.S. 25日23時30分からTBS系で放送の「クリスマスの約束」 楽しみですね♪

風のようにうたが流れていた DVD-BOX
風のようにうたが流れていた DVD-BOX
小田和正

関連商品
小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!! [DVD]
小田和正インタビュー たしかなこと
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]
by G-Tools

   ⇒さらに 小田和正 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

私もファイナルだけは何としてでも・・・と大阪へ行きました。
ツアートラック外にあったんですよ。見つけられなかったんですね。。。(>_<)
大勢の方が記念に写真を撮っていました。もちろん私も・・・(*^_^*)

忘れられない夜にしてくれた小田さんに心からありがとう。。。という気持ちでいっぱいです。

■miyuさん
こんにちは~。

miyuさんも大阪へ行かれていたのですね。
あの同じ時間を共有していたんだ~ ^^

> ツアートラック外にあったんですよ。見つけられなかったんですね。。。(>_<)

ツアートラック、ありました!?
ドーム周囲を1周したんですけど、見つけられなくて・・・
ど、どこにあったんだろう? うう、無念じゃ・・・

私たちファンにとっても、そして小田さんにとっても
きっと忘れらない夜だったと思います。
また小田さんに会えることを心から願って、がんばります!

クリ約でコンサートの様子が流れるといいですね。

とうとうファイナルを迎えてしまいましたね。
東京ドームは行かれず残念でしたが、たとえ1回でもツアーに参加できて
私としては大満足すべきかな(^_^ゞ
さますのさんホントにありがとね!!

息子が「おかあさんと"わすれのおじさん"のお歌
いっしょに聞きに行こうね♪」って言うの!!
現在3歳の彼が小学生になるまで
小田さんはステージで歌い続けてくれるかしら?!
あ~歌っていて欲しいなぁ!!!

■てつこさん
ドーム公演では、てつこさんとご一緒したときと比べて、曲の入れ替えがかなりあったので、こちらもぜひ見ていただきたかった・・・

そして将来、息子さんと一緒に小田さんのコンサートに行けたら、ホント素晴らしいよね~

小田さん、あと4年!がんばって!
きっと、てつこさんみたいな願いを持ってるお父さん・お母さんも、たくさんいると思いますよ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

感動的なステージでしたね。
私も「思いのままに」は感無量で胸がいっぱいでした。

リベンジツアーあったら、私も絶対行きますよ!^^

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ