FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

「僕のドーム騒動」 from 小田和正ドームツアー「きっと またいつか」パンフレット

先日参加した小田さんのドームツアー最終日@大阪。

最終日の様子を思い出しながら書いていたら
感情が高ぶってしまい、グッズのことを書くのを
きれいさっぱり忘れていた。

というわけで、小田さんファン以外には、
まったく興味ない話題が続きますが、今日はその話。

DSC04436
絶対に使うことはないであろうミニタオル。もはやタオルとしての意味はない。

パンフレットは外せないとしても、
そのほかにも、欲しいものが山ほど!
しかし、どれもこれもほいほいと買っていては
どんどんお金がなくなってしまふ、、、

悩んだ挙句、パンフ以外には、
ミニタオルとブランケットを購入しました。

桜らいん

クリアファイルとミニタオルで迷ったんだけど、
けっきょく発色がよくて色がきれいだったミニタオルに決定。

DSC04437
ブランケットは大きすぎて、うまく写真がとれなかった・・・・なので袋に入った状態で。

ブランケットは4000円と、かなりお高めだったので迷いに迷ったのですが
けっきょく思いきれずに買いました。

でも家に帰ってから広げてみたら、思った以上に大きくてビックリ。
売り場に展示されているのは、こんなに大きく見えなかった~

写真は袋に入った状態ですが、これで8つ折りです。
1m20cmくらいの長さがあるんじゃないかな。
子供だったら、毛布としても使えそうな大きさ。

ボタンがついてて留められるようになってるので、
肩からかけてボタンで留めれば、ちょっとした上着かわりにもなりそう。
身体もすっぽり覆ってくれそうな大きさだし、これはいい!

・・・とはいえ、もったいなくて絶対!使えないんですけどね。
もちっとお値段が安ければ、”使う用”にもうひとつ欲しかったです。

そして、最後まで悩んだのが特製手帳。
”小田さんのこだわりがぎっしりつまった”という売り文句に
イラスト小田さんのしおりが2個ついてくる。

しかも、小田さんの字で”今日も元気で”っていうのが
入ってるんですよね~ これにはクラクラした(笑)

けど、けっきょく手帳は買いませんでした。
中身を売り場でチェックしたら、手帳としては、まあ、普通の手帳だったんで。

あ、でも、9月20日のところに”K.ODA's Birthday"ってあったのは、さすがかも。^^

DSC04439
悔しかったので、来年の自分の手帳に書いてみました(←アホ。)
”今日も元気で”も書こうかと思ったけど、さすがにそれはやめた。


ドームツアーのパンフは、
9月までのアリーナツアーの全会場での模様が分かるようになっていました。
ご当地紀行まで、ちゃんと全部のってるんだからスゴイ。
これはファン、特に今回のツアーに行った方なら必見です!

で、さらにこのパンフに書かれていた小田さんのエッセイがいい。

そこには、ドームツアーを行うにあたっての小田さんの心の揺れが、
小田さんの言葉で綴られていて、
ファンなら”うんうん”と思いながら読めること間違いなし。

アリーナツアーの前に、スタッフからドームツアーを提案されて困惑したこと、
でもツアーをやっていくうちに、大勢のファンの笑顔に触れて、
だんだんとドームツアーをやる気持ちになっていったこと、などなど。

そうだよ。

小田さんは、大阪ドームでも、会場の隅々まで目配りしてた。
広いアリーナの外周を歩いて1周したり、
花道をまんべんなく歩いてまわっていて、
とにかく、なるべく多くの人のなるべく近くに行こうという、
小田さんの強い気持ちを感じた。

それは、”「ホントはもっと小さいところで見たいんだろうなあ」と
みんなとの距離を縮めるために走り回ろうとしているのに。
ドームなんて矛盾だらけじゃん。”ということへの
小田さんなりの答えというか誠意だったのだろう。

”調子に乗って、やるなんて言っちゃったけど、よく考えてみると、
そんなに集まってくれるわけないじゃん、もう散々やったんだし。
~中略~
なに勘違いしちゃったんだろ。なん日か反省してるうちに
「それでも楽しみにして一生懸命来てくれる人たちだっているんだ。
そうだ、懸命に頑張るんだ。そう宣言したじゃん」と思い直した。”

この部分を読んで、申し訳ないけど大ウケしてしまった。
いや、だって!”なん日か反省”って!

こんなに待ってる人たちがいるのに、CDだってこんなに売れてるのに
なんで、こんなにマイナス思考なんだ(笑)!

まったくも~、ガラガラなわけないじゃん。

しかも、チケットが完売したと聞いて、びっくりして思わず「うそ!」と叫んだらしい。

こんなに頂点にいるのに、こんなに自分を過小評価している
小田さんのマイナス思考が、なんだか微笑ましかった。

ツアーやご当地紀行の写真満載というだけでもファンには”買い”だけど、
このエッセイだけでも、じゅうぶん元はとれました。♪(*´▽`)

☆ツアーグッズはネット通販でも購入できます。⇒公式HPへ

☆小田さんのエッセイやインタビュー集。小田節が存分に堪能できます。
 ・TIME CAN’T WAIT
 ・小田和正インタビュー たしかなこと
   ⇒さらに 小田和正 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

小田さんもですが…さますのさんも面白すぎます(^o^)
私も来年の手帳に"K.Oda's Birthday"入れとこうかな(笑)
(ちなみに9/20は義兄の誕生日でもあります)
そして私もドームツアーのパンフが欲しくなっちゃいました!
いまから公式HPに行ってきま~す!(ここにもアホが?!)

小田さんグッズ、カワイイ~♪
私も小田さんの歌は大好きです。何年経っても衰えない透明感のある歌声はスバラシイの一言ですよね!
ちなみに、SING LIKE TALKINGの佐藤竹善氏とのユニット「PLUS ONE」はホントに大好き……なかなか曲を出してくれませんが(汗)。

レスが遅くなってしまいました。ごめん~

■てつこさん
も、K.ODA's Birthdayって入れちゃえ、入れちゃえ(笑)

ドームツアーのパンフは、ホントおすすめですよ~。あと、記事に書くのを忘れちゃったけど(友人に送ってもらったので)、カレンダーもいいよ~。なんといっても、週めくりなので、毎週違う小田さんが!

これで私は、2009年もがんばれそう。^^

■harakoさん
おお!まさかharakoさんからコメントが!
しかも「PLUS ONE」をご存じというか、大好きとは、お主、なかなかやるな・・・(笑)

今年の夏に情熱大陸へ行ったとき、久々に竹善さんの歌を聞きましたが、やっぱりウマいし、カッコいいね~。小田さんの「生まれくる子供たちのために」のときにコーラスで参加していて、これもよかった!

小田さんが上海公演やってくれることがあったら、絶対harakoさんと行くわ~(笑)

PLUS ONEはそもそも、竹善さん好きから入ったクチです~(笑)。
この間、竹善さんのアルバム「INDIGO」を買ったら、PLUS ONEの曲が入っててうれしかった♪ 小田さんがバックコーラス状態になってたのが「惜しい!」って感じでしたけど。
だって、2人がハモるとすごいキレイなんですもの~!

Re: タイトルなし

小田さんのバックコーラス、実はきらいじゃないです。
うっすらと聞こえるのがチラリズム的でいい(笑)

小田さんがソロになったとき、コーラスで悩んでて
竹善さんにずいぶん助けられたとおっしゃってましたよ。

でもharakoさんって、音楽のカバー範囲広いよね~。
アジアの歌も、かなり聞いてるみたいだし。
中国語の音の感じは、けっこう好きだな。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ