FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

冬を快適に過ごすために ~冬の寒さ対策 覚え書きメモ~

ハローキティ 冬の和み08キティ ファスナーマスコット コタツ
私は冬が苦手です。

身体は動かないし、頭は痛くなるし、お腹はすくし、気力は落ちるしで、すべてが嫌になります。

なので、”冬は南国生活”という夢があるわけですが、それを実現するまでは、この”メゲメゲ”とも付き合っていかなくてはいけません。

毎年、自分なりに工夫して、寒さと付き合いながら、なんとか冬をやり過ごしてるわけですが、1年たつと、その工夫をすっかり忘れてるんですよね。で、同じ状況に陥りながら、毎度毎度、ひとつひとつ寒さ対策を構築していくと。

冬の寒さと付き合う工夫が軌道にのってきたころには、そろそろ寒さのピークも終わりだったりして。 これじゃ、あまりにも不毛すぎるので、どんなことをやっているか・どんなことに気をつけているかをメモしておき、次の冬に備えようと思います。


桜らいん

<寒さ対策>
寒いと、ついつい身体に力がはいって、肩こり→頭痛になってしまうので、ちゃんと対策する。


・めんどくさがらず、寒ければ、マメに半纏やフリースを着る。(ルームシューズも。)
・完全に身体が冷える前に、暖房も、がまんせず、ちゃんとつける。
・あったか下着や腹巻、厚い靴下・ハイソックスを利用する。
・湯たんぽや保温ジェル

腹巻は、今年から投入しましたが、あったかさが、かなり違う。薄手なら、見た目にも響かないので、おススメです。

・寒くなってきたら、上体おこしやロデオボーイなどの運動で身体をあたためる。

・ココアやスープ、生姜湯などを飲んで身体を中から温める。(材料を備蓄しておく)

・それでもダメなら、さっさとお風呂に入って寝る。


<寝る前・起きるとき>



・冬用の掛け布団、毛布、シーツなどを、めんどくさがらず、順次投入していく。
・湯たんぽ、布団乾燥機の利用。
・オン・オフタイマーをうまくつかって、部屋をあたためる。
・日の出が遅いので、めざましスタンドをちゃんと使う。

湯たんぽは、おやすみ羊のを使ってます。かわいくてフカフカのカバーがお気に入り。

<お腹が空きすぎないように。>

冬に、お腹が空きすぎると、どんどん寒くなって、動けなくなって、ますますお腹がすいて・・・と悪循環に入ってしまうので、お腹が空きすぎないうちに、ご飯を食べる。ご飯がすぐに用意できないなら、チョコなどのおやつを。

食材やおやつは、天気が悪かったり寒さが厳しいと、買い物に行くのもメンドウになるので、ある程度余裕を持って買っておく。


<冬の楽しみ>

・冬の味覚を楽しむ。
・入浴剤を何種類か揃えておく。
・ホットワイン、ふぐひれ酒。

<風邪対策>

・マスク。手洗い、うがい。
・風邪やインフルエンザのピーク時には、なるべく人ごみへいかない。
・寝込んだときのために食糧(レトルトなど)の備蓄。
・加湿器は10月下旬くらいから早めに投入。(←肌のかさかさ対策にもなる。)

<その他>

・ハンドクリームを多めに買っておく。
・なるべくでかける予定はいれない。(←でも、これは出かけたい用事のほう優先)

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日
次の冬には、上記に加えて、10月ころから冷え性にきく漢方かサプリメントを飲むようにしてみようかと思う。

冷え性についての対策も、ちゃんと研究しようかな。冷え性改善&予防のレシピとかもいいですよね。食事は、必ずとるわけだし。しょうが料理とか、効果ありそう。

それにしても・・・・あ~、早く春が来ないかな。
   ⇒さらに 冬の寒さ対策 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ