FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

新型インフルエンザ対策のために備蓄する。~食料品編~

生活用品や衛生用品の備蓄リストができあがったので、お次は食料品。

なるべく普段から利用している食品を買いだめしておくのが、ムダにしないコツという。納得だ。

災害のためなら数日分の備蓄ですむが、新型インフルエンザのための備蓄は、もっと長期にわたる。ふだんの生活で使っているものを備蓄して、消費→備蓄というサイクルをまわしたほうが効率的だ。

そこで、まずは家の中にある、災害用に用意してあった食品&寝込んだとき(買い物に行きたくないのに食材がないとき使いまわすこともある)のための備蓄をチェック。


bichiku3.jpg  災害用にと思っていた缶パンは、賞味期限が半年も過ぎてた・・・・。やっぱ、時々チェックしないと、対策の意味ないですね。

写真以外にツナフレーク、米、レトルトカレー、Soy Joy、ウィダーインゼリーなど。 賞味期限間際のものもあり、アブないアブない。^^;

写真の中のサムゲタンは、近所のスーパーで売ってるのだが、2年くらい先までもつので、寝込んだときのために、2袋くらい常備している。

おでんは、4月くらいまでしか持たないので、それ以後は、別のものを考えないとな。

bichiku4.jpgふだんから常備している野菜ジュース。これは使える。

冬は身体が冷えるのと、汁もので野菜がとれるため、ほとんど飲まない。気候が暖かくなってきたら、追加備蓄を考えよう。



◆ 以上のアイテムをもとに食料品の備蓄リストを考えてみる


桜らいん

・米 10キロ
・シリアル類
クリタの水 →定期購読にする。

・缶詰(コーンポタージュ、ツナフレーク、コンビーフ・・・)
・レトルト類(カレー、シチュー・・・)

・スキムミルク
・チョコとお菓子

・Soy Joy(ソイジョイ)
・ゼリー飲料(ウィダーインゼリー、朝バナナなど)

・粉末のポカリスエット

麺類は、ゆでるのに水とガスを使うので、私は備蓄しないことにした。いざとなったら、そのまま食べてもいいんだけど、それだったら、その分ほかのものを備蓄したほうがいいと思ったので。

◆ どのくらいの期間をめどに備蓄する?

厚生省のHPでは2週間の備蓄を薦めているが、ネットを見てまわると、2か月くらいの備蓄を目標としている人が多いようだ(なかには6か月という人も!)。

でも1人分でも、2か月となるとかなりの量。水は1日ひとりあたり最低2リットル目安だそうで、2か月だと120リットル。

クリタの水はひと箱9リットルなので、あれが13箱か~~。・・・・私には、ちとハードルが高い・・・

理想とは程遠いが、とりあえず2週間から1か月くらいを目安に始めてみようかなと思う。”そんなんじゃ足りないよ。”って言われるかもしれないけど、全然やらないよりはマシだ。

平均的な家庭だと、3-4人分の備蓄をしなくてはならないと思うので、さらに大変。まずは、厚生省が推奨する2週間分を目標にスタートするのが現実的かもしれません。(もちろん万全を期すなら、2か月以上ですけどね。)

缶詰やレトルトなども、一度に備蓄するとなると大変なので、まずは手頃なものをチョイスして2週間分くらい備蓄。その後、ネットショップなんかで気になるものを買い足していこうかな。

備蓄も、なるべく楽しみながらやりたい。


ちなみに、いま、気になってるのは、吉野家の牛丼のレトルト。豚丼もある。おいしいのかな~

牛丼と豚丼が4食ずつセットになってるものもあるので、まずは、それを買ってみようっと。

食料品や生活用品の備蓄には、いろんなものがまとめて注文できて便利なので、AEONで注文しようと思います。うちは車もないしね・・・・

生活用品や衛生用品の備蓄リストはこちら。
   ⇒さらに 新型インフルエンザ・パンデミック対策 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ