FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

新型インフルエンザ。いま、できる対策。

新型インフルエンザ上陸その時どうする?生き残りハンドブック
ついに新型インフルエンザが発生。
この記事を書いてる時点で、フェーズ5。
パンデミック発生であるフェーズ6のひとつ前の段階だ。

「いつか、この日が来る」とは言われていたが、心のどっかに半信半疑なところもあった。

実際に発生することになって、「やっぱり、来たのか。」と、ちょっと愕然としてる自分がいる。

でもメキシコでの発生のニュースを聞いてから、すでに5日。
シミュレーションなどでは、もっとすさまじい速さで感染が拡大するイメージだったので
意外に拡大のペースは遅いなとも思う。

まあ、シミュレーションは最悪を想定している。
そうならないように、いろいろと対策を立てていたわけで。

着実に感染は拡大しているように見えるが、それでも、各国・各方面での対策が、拡大のペースを遅くするのに役立っているということなのかもしれない。

感染の拡大する速さが遅くなればなるほど、準備をする時間的猶予もできる。被害の大きさを、可能なかぎり小さくできる確率が高まっていくのだ。

その点で、いま最前線で拡大を防ぐために頑張っている人たちには感謝せずにはいられない。


そして、その準備は、個人レベルでも行わなくてはならない。


感染する人が少なければ少ないほど、他の人を感染させなければさせないほど、被害は少なくてすむ。

”自分や家族が感染したら困るから。”というのはもちろんだが、もはや、個人レベルの問題ではない。社会に大きく影響を与える問題なのだ。

いまは水際で、なんとか国内侵入を抑えようとしているが、いずれ国内でも発生する。
必ずとはいわないが、そうなる確率のほうが高いと思う。

そうなったときを想定して、心構えと準備を済ませておく段階に入っているのではないか。

対策としてまずは、手荒い・うがい・マスク。
そして、なるべく人ごみを避ける。


現時点では新型インフルの毒性について判明したわけではないが、伝わってくるかぎりでは、いわゆる強毒型ほどの威力はなさそう? もちろん通常のインフルエンザよりも、症状が重く、死亡率が高い可能性はある。

でも弱毒型なら、基本的には通常のインフルエンザと対策は同じ。
弱毒型ならば、過去にも経験ずみだし、予防知識も普及してるし、今は治療薬もある。

ただ、みんな免疫を持ってないので、感染しやすいし、症状も重くなりやすい。

あまり煽るようなことは言うべきではないと思うし、
強毒型を想定した過剰な対策はいらないかもしれないが、
最低でも、マスクは用意しておく必要はあると思う。


N95マスクは息苦しいので長時間の着用は向かないと思う(せいぜい30分から、頑張っても1時間くらい)。通常の状態なら、左の写真のようなサージカルマスクが現実的。昔使ったような布製よりは、いわゆる”サージカルマスク”(不織布製)のほうが望ましいとか。(布製でもしないよりはマシだけど)

  ⇒サージカルマスク販売店一覧 


近所のお店で買うのが、いちばん速いのでベスト。
でも近所で売り切れていたり、たくさん欲しい場合はネットで注文を。
(たくさん欲しくてネットで注文する場合も、数個は近所で確保しておくべき。)

ネットのほうが安いことも多いけど、ここはスピード重視で。
どうしてもネットの場合は届くまでに時間かかりますから。

マスクについて、さらに詳しく

他の新型インフルエンザ対策の記事も読む

499043420X知識のワクチン 新型インフルエンザ予防マニュアル
岡田 晴恵

品薄になってきているので売り切れるかも。改訂版が5/4に出るみたいです。

ちょっと高いけど、英語翻訳版もあります。

by G-Tools

コメント

インフルエンザ、でましたねー。
さますのさんのおすすめのサージカルではないのですが、使い捨てマスクと、手の殺菌剤と、ポンプ式うがい薬を買いました。あとは、生協の個人宅配を頼りにしているんですが。。

■まるさん
冬が終わってたので油断してましたね。不意打ちです。

>サージカルではないのですが、使い捨てマスクと、手の殺菌剤と、ポンプ式うがい薬を買いました。

使い捨てマスクなら、たぶん大丈夫じゃないかな。サージカルという名前にこだわる必要はなくて、不織布ならいいんですよ。逆に今は、昔の布製マスクのほうがマイナーだから。

東京に比べると、そちらまで広がるには多少タイムラグがあると思うので、状況見ながら、準備を進めてください。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ