FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

由比の桜えびは、やっぱりおいしかった。~わださんの東海道53次ウォーク1日参加~

地元の人たちとの触れ合いが嬉しかった蒲原宿を後にして、次は桜えびが有名な由比へ。

ゆい桜えび館で遅めの昼食。桜えびのかき揚そばを食べました。
由比の桜えびは有名なんで、休日のお昼どきは、主なお店は1時間待ちとかになるらしいんだけど、わたしたちは14時くらいだったせいか、それほど待たずにすみました。(わたしがお土産買ってる間に、わださんが名前書いておいてくれたし。←さすが段取り上手。)

sakuraebiP1060004
桜えびのかき揚をTwitterへUPするわださん。とっても楽しそう~♪ホント、わださんってブロガーが天職だと思った。^^

一般的な海老のかき揚って、干しえびが入ってると思うんだけど、
ここのは新鮮な生の桜えびを揚げたんだろうなー。
干しえびのかき揚とは、全然違うぷりぷりしたおいしさがあります。

全体としての食感はさくさくなんだけど、桜えびは柔らかくジューシー。
やはり名物だけのことはあるので、由比に行ったら食したい一品ですね。

わたしたちは、本陣がある通りから一本はずれた通りにある桜えび館まで行きましたが、本陣がある通りにも、桜えびが食べられそうなお店は、たくさんありましたよ。


桜らいん

桜えびを堪能した後で、由比宿の本陣があるところへ。

P1060009P1060010
ここは東海道広重美術館にもなっています。 見学したかったけれど、日が暮れる前に薩った峠へ行かねばならないので、やむなくパス。

P1060013P1060014
広重美術館の正面には、由比正雪の生家。そこで桜えびの手ぬぐいを買うわださん。

P1060021yajikita
おもしろ宿場館では、弥次さん喜多さんと記念写真。
ここの2階はレストランになっていて、駿河湾を眺めながら食事ができるみたいでした。

P1060024P1060025
薩った峠へ向かう途中、ポストへ53次絵葉書を投函するわださん。各宿場の絵葉書に簡単なメッセージを書いて、それぞれの宿場から出してるんだって。これはいい記念になりますよね~

P1060023由比川を越えて、いよいよ薩った峠超えへと向かいます!

実は、この時点で、すでに峠のふもとである由比の通りは、日が陰り始めてました。(たしか、まだ16時前だったはず・・・)  

予想外に早い日暮れに焦りながら、ペースUP!!

※由比宿のさらに詳しい様子は、わださんの東海道53次のサイト「由比カテゴリ」へ!
   ⇒さらに 東海道53次ウォーク 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

最後から2枚目の写真に大受け。
自分って、横から見たらこんなことになっていたんだ(o_ _)ノ彡☆ 怪しすぎ!!!

■わださん
えー。ここに受けるか!?
別に変でもないと思うけど・・・・いや、変かな(笑)?

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ