わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際に、amazonマーケットプレイスに出品してみよう!

”不用品を売ってお金にかえる”特集の第3弾。
(前回から、1カ月以上空いてしまいましたが、まだ続いてますよ~)

前記事で詳しく書いたように、たとえば「800円以上で出品できるなら、出品する」などの基準を、あらかじめ決めておくのが、私のやり方です。

労力に見合うと思える価格に設定しておかないと、だんだん空しくなっちゃうので、こんなやり方をしております・・・^^;

◆ 実際に出品してみよう!

出品することに決めたら、実際の出品作業へ移ります。

出品作業については、こちらのサイトの記事が、画像入り説明で分かりやすかったので、参考にどうぞ♪ ↓

・アマゾンマーケットプレイスの出品方法 ーせどり内職

この記事では、商品検索にISBN番号を使っていますが、ふつうに本のタイトルを入力しても、まったく問題ありません。(というか、そのほうが簡単!)

marketplace0610-1
最初は、商品の状態の説明の入力などに悩んでしまうかもしれませんが、慣れてくれば、自分なりのフォーマットが決まってくるので、さくさくと出品できるようになりますヨ。



桜らいん

◆ 商品が売れた!発送しましょう~

出品したら、商品が売れるまでは、特に何もする必要はありません。
果報は寝て待て。

商品が売れると、お知らせメールがやってきますので、そしたら発送準備スタート!

ここで注意しなくてはいけないのが、商品が売れた日から、2営業日以内に、商品を発送しないといけません。(月曜日に売れたら、水曜日までに発送。金曜日に売れたら、月曜日までに発送。)

まあ、1日くらい遅れても、文句を言われたり・・・って目には、今のところ合ってないのですが、あんまり遅れると、トラブルのもとになるので、メールは少なくとも1日おきくらいにはチェックしておくのが無難です。

で、「売れました」メールが届いたら、 amazonのアカウントサービスへログイン。
アカウントサービスの右サイドバーに、マーケットプレイスの出品用アカウントへのリンクがあるので、そこをクリック。

出品用アカウントの「注文管理」のところから、納品書を印刷する画面へ行けます。

marketplace0610-2 
納品書を印刷したら、梱包作業に移りましょう。


◆ 梱包作業に必要なグッズなど

納品書を印刷すると、宛先ラベルも一緒にプリントアウトされるので、宛先部分と納品書部分を切り離して、宛先ラベルは封筒の表に貼り、納品書は商品と一緒に同封

商品は、CDの場合は緩衝材(プチプチ)に包んでます。
書籍も、封筒が破れたり濡れてしまうといけないので、ビニールに入れるか、プチプチで包装。(プチプチはかさばるので、ビニールで包むほうがいいと思う。)

maketplace0610-3 こういう梱包材や封筒は、100円ショップで売ってるので、あらかじめ用意しておくと、慌てずにすみます。

(私は、通販で買い物したものが送られてきたときに、梱包材がついてくることがあるので、そういうのをとっておいてます。)

封筒の表面の下のほうに<amazonマーケットプレイス購入商品>と書いておくのも忘れずに。

marketplace0610-3 
発送方法の説明ページ


◆ 発送通知を忘れずに。

発送したら、つい安心してしまいますが、発送通知を登録するのを忘れないようにしましょう。これを忘れると、商品代金が入金されませんよ!

marketplace0610-5 

◆ たまにはメンテナンスも

これは余裕があれば・・・でいいのですが。たまに、出品した商品の価格を見直してみましょう。(出品価格は、いつでも変更することができます。)

marketplace0610-6 
出品したときは最低価格だったのに、いつの間にか、もっと安い値段で出品しているライバルが出現しているのもよくあること。

そんなとき、現在の最低価格になるように価格を変えても、あなたが決めた出品最低価格ラインまで、まだ余裕があるようなら、思いきって値段を下げるのも手です。

でも、これも深追いは禁物

マーケットプレイス出品を専門にやっている人とかは、こっちが値段を下げると、1円下とかの価格に、すぐ値段をさげてきたりするんですよ。

これを追いかけていっても、お互いに下げどまらなくなって、どんどん値崩れするだけ。なので、このタイプのライバルなら放置。

むこうの商品が売れれば、こっちが最低価格になるわけだし。あと、たまに、最低価格じゃなくても、なぜかこっちのほうがいいと思って、2番目に高い値段でも買ってくれる方もいるので・・・。

まあ、この価格見直しは、やらなくても問題はありません。わたしも、商品発送のとき、アカウントサービスにログインしますんで、そのついでに、やったりやらなかったり・・・という程度です。

◆ 長期の旅行に行くときや、余裕のないときは、出品をキャンセルしておく

商品が売れてから、2営業日以内に発送しないといけませんので、対応できない時期は、出品をとりさげておくのが無難かと。

それから、当然ながら、出品した商品全部が売れるわけではありません。

根気よく待っていれば(出品しているだけなら、売れるまでは手数料が発生しないのが、マーケットプレイスのよいところ)、いつかは売れると思うのですが、売れ残るものも出てきます。

そういうものは、ある程度のところで見切りをつけて、ブックオフへ持っていっております。

・マーケットプレイスに出品 公式ガイドページ

せどりで副業!30代ダブルワーカーの日記
せどりで副業!30代ダブルワーカーの日記

関連商品
ぜったいデキます! アマゾンマーケットプレイス&アソシエイト・プログラム
ぼくはオンライン古本屋のおやじさん
奇想ヤフオク学―エーブックはどうやって古本を3億円売ったのか?
アマゾンマーケットプレイスでおこづかいっ!古本屋やろうよ
by G-Tools


   ⇒さらに 不用品を売る 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。