わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター挫折のトラウマを克服できて、ちょっと自信がつきました♪

去年の夏、一念発起してアコギを始めました。


スナフキンみたいに、自由気ままな旅先でギターを弾き語れるようになれたら、楽しいだろうな~という憧れを、ずっと持っていたのです。

でも、大学生のころにチャレンジしたものの、まったくコードが押さえられず、指が痛くなって挫折・・・・ それ以来、ギターコンプレックス。。。

Q-sai合宿でベースには手を出したものの、ギターだけは弾ける気がしませんでした。
(ひとつの弦だけ押さえればいいベースと、複数の弦を押さえなきゃいけないギターは、とっつきやすさが全く違う。)



桜らいん


で、再挑戦にあたって、今度こそは挫折しないよう、レッスンに通うことにしました。

さらに、アコギも借りずに購入。
身銭を切ることで、簡単にはやめられない状況を作ってギターを始めました。

なぜ、そこまでして?という気もしなくはないですが、
それだけ、挫折体験がトラウマだったわけですョ。 (つД`)

そして、最初に弾けるようになった曲がコレです。


ギターの先生は、最初の曲としては、ちょうどいいとおっしゃってましたが、
実はコードが10個もあって、まったくの初心者としては、少し大変でした。^^;

しかも、私は最初、Cのコードすら上手く鳴らせず、
なにをどうしたらできるようになるのか、先生も頭を抱える始末。
ひと筋縄ではいかぬ生徒だったのです。

たぶん、独学でやっていたら、やっぱり投げ出していたと思うので、
レッスンに通うことにして大正解。

「これで弾けるようにならなかったら、投資(ギター購入代)がムダになる~。」というプレッシャーも、予想どおり効果てきめんw

さらには、
次のレッスンまでに、少しは出来るようにならないと・・。
もう、先生の悲しい顔を見たくないっ。


この、なんともいじらしい気持ちが(←自分で言うなw)
いちばんつらい最初の2週間、うまくコードが鳴らないわ、指が痛くなるわで
投げ出したくなるツラさを乗り越える支えとなりました。

DSC04769
でも、コードを押さえるコツをつかみ、コードチェンジも少しずつできるようになってくると、 もう楽しくて楽しくて♪

最初苦労しただけに、
この曲を弾き語りできるようになったときは、ほんと嬉しかった~

← 挑戦するにあたり購入したアコギ。お隣に写ってるのはベース。名前はまだない。


過去の挫折のトラウマも、めでたく解消。 おかげさまでスッキリしました♪

それに、この年になって、
「自分には絶対できない」と思っていたことを克服できたことは、
ちょっと自信にもなりました。 

これまで出来なかったことも、出来るようになるかも。

若いときに出来なかったことは、年をとってからは習得が難しくなることが多いので、諦めてしまいがちですが、やり方変えれば、できることだってあるのです。

大げさに聞こえるかもしれないけれど、
このギター挫折からの敗者復活は、成功体験として、
私にとっては大きな意味があったと思います。

たかがギター、されどギター。

まだまだ下手だけど、ちょっとでもギターが弾けるようになって、本当によかった。 先生、ありがとう~♪

あなたもアーティスト 挫折者救済!きりばやしひろきのギター塾
あなたもアーティスト 挫折者救済!きりばやしひろきのギター塾 (趣味工房シリーズ)


← この方は、記事に出てくるギターの先生ではありません。Q-sai合宿のバンドの先生。

楽器挫折者救済(Q-sai)合宿に参加したことで、音楽を楽しめる世界が広がりました。この先生にも、とても感謝しています。

この合宿に参加したおかげで、アシスタント講師をされている、ギターの先生のレッスンも受けることができました。

「楽器やってみたい。」「バンドやってみたい。」という密かな夢をお持ちの方、合宿行ってみませんか?


   ⇒さらに 音楽 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。