わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック

4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック
4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック
4コマ漫画を中心に構成されているので、コミックエッセイ風に読めます。

もちろん、図解も多いので、わかりやすいです。

知っているようで知らなかったことも多数あって、なかなかタメになりました。



桜らいん

◇ お皿の乗せ方も、重ね方を変えるだけで、ゆれに強く、棚から飛び出しにくくなる。

大中小のお皿があったとしたら、大半の人が、いちばん下にいちばん大きいお皿を置いて、その上に中皿、その上に小皿を載せると思うのですが、中→大→小の順番に重ね方を変えたほうがよいらしい。

◇ 集中豪雨のときは、下水道の負担を減らすため、おふろや洗濯など、使用するときに大量の水が出るものは控えるようにする。

◇ ラップは包帯がわりや耳栓、ひもにもできる。

◇ 牛乳パックでスプーン、お皿を作れる。

・・・などなど。

特に「非常時の工夫」「非常時の調理」の章は、ここに書ききれないくらい、いろいろな工夫が紹介されてて面白かったですよ。

緊急時の手作りナプキンとか寝袋、スリッパの作り方とか。
着替えやトイレの目隠し、布団代わりにもなる”お着替えマント”も、簡単に作れて便利そうでした。

ジップロックでご飯を炊いたり、スプーン1本で缶詰を開ける方法も、今度試してみよう・・・

それから、緊急連絡カードは、ぜひ用意しようと思いました。
携帯の電池が切れたら、電話番号なども分からなくなってしまいますものね。

保険証番号、家族の携帯番号、職場・学校・親戚の連絡先を記入。
免許証のコピー、持病のある人はかかりつけの病院と処方箋のコピーなども一緒にしておくとよいそうです。

4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック
4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック
草野 かおる 渡辺 実

関連商品
女性のための防災BOOK ”もしも”のときに、あなたを守ってくれる知恵とモノ
地震 停電 放射能 みんなで生き抜く防災術
大震災サバイバル・マニュアル―阪神大震災が教える99のチェックポイント
by G-Tools

   ⇒さらに 災害対策 関連の記事を読む

   ⇒さらに 本のこと 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。