わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初のQ-sai合宿(バンドの合宿)へ行ってきました!

3年ほど前から参加している楽器挫折者救済(Q-sai)合宿で、今年も河口湖まで行ってまいりました。 

P1070944

今回は、常連さん12名&ご新規さん2名、男女比は8:6。
年齢構成は20代~50歳前後って感じでしょうか。

パートは、エレキギター4名、ベース4名、ドラム5名、三線1名。

・・とはいえ、本来はギターをメインでやってる人が、この合宿には、ベースやドラムで参加したりするパターンが多い関係上、自分の課題じゃない曲に、申し込みパート以外で助っ人したりして、実際は、かなり入り乱れておりますけど。

わたしもベースで参加しましたが、キーボードやボーカルの助っ人をしたりしました。
(この助っ人が、実は、けっこう楽しかったりするんですよね♪ )


初日に課題曲が決まり、それを必死で練習して、3日目のお昼にはバンドで発表というスケジュールなので、けっこうハードなことはハード。

でも、みんな ”えー!” ”むり~” ”できないっ”と叫びつつ、どこか嬉しそうなのはナゼなのか・・・(笑)

とはいえ、それぞれのレベルを見極めて、講師の先生が、適度な負荷を調整してくれてるので、まあ、けっきょくは先生の手の上で転がされてるのですけれどね。^^

3日間がんばれば、なんとかクリアできる感じの負荷を与えてくれる匙加減は、さすがだな~といつも思います。



桜らいん


今回も、あいかわらず、わいわいガヤガヤであっという間の3日間でしたが、やっぱり楽しかった~ 。°(>∇<)°。

ライブへ向けてスタ練するのも楽しいのですが、それとは、また違った楽しさが合宿にはあるなあ~と思いました。

これまでは、Q-sai以外でもバンド活動の場を持っている方たちが、どうして合宿にもいらっしゃるのか、ちょっと不思議に感じてたところが、実はあったりしたのですが、今回、そのフシギが解消された気分。

やっぱり合宿は楽しいんですョ。

ちなみに今回の合宿でやった曲は本編2曲、余興2曲。

(本編)
・Livin' on a Prayer byボン・ジョヴィ
・タイミング byブラックビスケッツ

(余興)
・空も飛べるはず byスピッツ
・Born this way byレディ・ガガ

本編は、先生から与えられる課題ですが、余興は、余力がある人が自主的に仕込みます。(余興は、本編の前座なので、かなりゆるい感じ。)

昨年までは、発表のときに、すごく緊張してしまいガチガチだったのですが、今回は、なぜかあまり緊張せず、純粋に楽しく演奏できました。

だんだん場慣れしてきたのかも?

(・・・というか、鍵盤だと、すごくキンチョーするんだよなあ、自分。
幼少期のトラウマでしょうか。。。)

あ、そうそう。
ボン・ジョヴィがかなり楽しかったので、今回のメンバーで、感謝Sai(年に1度のQ-sai合宿の発表会)を目指すことになりました。 ふふふ、楽しみ楽しみ♪

あなたもアーティスト 挫折者救済!きりばやしひろきのギター塾
あなたもアーティスト 挫折者救済!きりばやしひろきのギター塾 (趣味工房シリーズ)
←Q-sai合宿を主催している講師の先生。

楽器をやってみたい!バンドやってみたい!という密かな夢をお持ちの方、ぜひ参加してみてはいかがでしょーか。

初心者の方でも、先生がサポートしてくれるので安心ですョ♪

※3連休は、かなり前に定員に達してしまうので、早めの申し込みが吉。春~秋シーズンよりも、冬の寒い時期のほうが狙い目です。


   ⇒さらに 音楽 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。