FC2ブログ

わくわくむきりょく生活でいこう!

”むきりょく体質”なりに、より良い毎日を目指す「わくわく無気力生活」を実践中。むきりょく体質”でも夢は叶うのか?

小田和正コンサートツアー2008 スタート!

待ちに待った小田さんのコンサートツアーが
4月5日の静岡公演を皮切りにスタートしました!

なんといっても3年ぶり。
高鳴る気持ちは抑えられません。

shizuoka.jpg


開演1時間半前と、かなり余裕を持って到着したにもかかわらず
会場のグッズ売り場はすでに人だかり。

shizuoka2.jpg


いつもはパンフ以外のグッズは滅多なことでは買わなかった私なのですが、
このお祭りのような雰囲気と、わくわくする気持ちにつられて
パンフ以外にも、タオルやらミニカーやら買ってしまった・・・^^;

桜らいん

コンサートは、小田さんの「おっ待たせしました~!」の声でスタート。
いやー、ホント。待った、待ったよ!

小田さんは3年前とまったく変わらない軽やかさで
私たちの前に登場してくれました。
あの透きとおる歌声も、もちろん健在。

出だしこそ、声がちょいイマイチで「調子悪いのかな?」と思いましたが、
その後は、どんどん声が伸びていって、小田ボイスを堪能できました。

60歳にして、あの声はもはや奇跡じゃ。
若いころよりも、むしろ声は出てるかも・・・ある意味、化け物(笑)?

あんなに軽やかで、あんなにさわやかな60歳っていいよな~
私も、あんな60歳になりたい!

小田さんは、3時間弱ほどで全27曲を熱唱。
”こころ””ダイジョウブ”
”今も、どこかで(めざましテレビで、今流れてるやつ)”といった最新曲から
オフコース時代のコアなファンしか知らんだろっていう曲まで、
すごく幅広い選曲でした。

「ラブストーリーは突然に」などのヒット曲や
「たしかなこと」などのタイアップ曲も、
ちゃんと入れてくれてるあたりが親切な構成。

私としては、”NEXTのテーマ”をやってもらえたのが嬉しかったな~
事前のリクエスト募集で、コレを応募してたんで、かなり嬉しかった。

とはいえ、やっぱりこの曲は、
オフコースが歌うから意味がある曲だったんだと
今回、小田さんが歌うのを聞いて、改めて思いました。
久々にライブで聴けて嬉しかったことには違いないんだけど、
ちょっと違和感を感じたかな・・・(アレンジのせい?)


omaezaki.jpg

ご当地奇行で小田さんから”恐ろしいネーミング”と辛口のコメントをもらってしまった”恋人たちの聖地”がある「夕日と風が見えるん台」から見た、御前崎の灯台

今回は、小田さんファン総勢7名で行ったのですが、それもまた楽しかった。
御前崎の灯台なんかにも立ち寄って、生シラス丼も食べたりして。
行き帰りの車や、宿での明け方までの宴会が学生に戻ったみたいだった~

いちばん最近会った人でも3年ぶり、
中にはなんと10年以上ぶりという人もいたのに、
再会してしまえば、時の隔たりをほとんど感じなかったのも不思議でした。

若いころは、3年も会わないと、ずいぶんとお久しぶりな気がしたけど・・・
もしや、これが年をとったっちゅうことなんだろうか(笑)

oda1.jpg

コンサート終了後に、会場前に機材車が。みんな写真とりまくり。

3年ぶりの小田さんのコンサートツアー。
今回は、できるだけ多く会場に足を運ぶと決めている。

以前は、2回も3回も行くなんてことなかったし、
ましてや、わざわざ交通費までかけて地方にまで行くなんて
絶対ありえなかったけど、
今は、次のコンサートが、またいつあるのかもわからないし、
そもそも、”つぎ”があるのかどうかも分からない。

前回のコンサートツアーも、点滴を打ちながら乗り切ったなんて話を聞くと、
あんまり無理をしてほしくないしねえ・・・(切実)

とまあ、そんな危機感もあって、今回は追いかけますよ。あちこちへ。

次は、5月の横浜まで、しばしのお別れ。
小田さん、半年の長丁場。身体に気をつけて、がんばってください!

P.S.小田さんのコンサートの公演時間は、開演時間から3時間くらいが目安です。

自己ベスト-2自己ベスト-2
小田和正

自己ベスト こころ

by G-Tools


   ⇒さらに 小田和正 関連の記事を読む


このエントリーをはてなブックマークに追加

またのお越しをお待ちしております♪

RSSフィード購読 |  更新をメールでお知らせ

関連記事

コメント

ツアーパンフ

7/13のライブに行きます
ツアーパンフの値段、教えていただけますか?よろしくお願いします!

Folk&Rockさん、はじめまして。
7月13日だと仙台公演ですね。
実は私も、仙台まで行きます・・・^^;
12日のほうだけど。

ツアーパンフは、3000円です。
写真も文章も豊富で、読み応えありますよ。

ツアー公式HPで、ツアーグッズのラインナップを見ることができますので、そちらも参考にしてみてください。
http://www.k-oda2008.com/index.html

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

ブログパーツ